コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全く マッタク

デジタル大辞泉の解説

まったく【全く】

[副]《形容詞「まったい」の連用形から》
完全にその状態になっているさま。すっかり。「全く新しい企画」「回復の希望は全く絶たれた」
打消しの語を伴って、完全な否定の意を表す。決して。全然。「彼は事件とは全く関係がない」「全く話にならない」
ある事実・判断を強調する気持ちを表す。本当に。実に。「今日は全く寒い」「全くけしからん話だ」「全く君の言う通りだよ」
(「まったくだ」「まったくです」などの形で)話し言葉で、相手の言葉を受けて、それを強く肯定または否定する意を表す。「『腹が立つといったら、殴りたい気分だよ』『全くだね』(肯定)」「『旅行の準備はできたかね』『全くですよ』(否定)」
(「まったくの」の形で)話題になっていることについて、その通りの、文字通りの、嘘偽りなしなどの意を表す。「抜けているといったら、全くの抜け作さ」「料理については全くの素人だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

またく【全く】

( 副 )
まったく(全) 」に同じ。 「 -効なきものともなるべし/小説神髄 逍遥

まったく【全く】

( 副 )
〔形容詞「まったい(全)」の連用形から〕
否定表現と呼応して、それを強調する気持ちを表す。全然。まるっきり。 「 -お酒を飲まない」 「人が-訪ねて来ない」
すべてにわたってそうであるさま。完全に。 「家具を-新しくする」 「 -健康になった」 「 -の素人」 「勝負-終へて帰途に就く頃は雨も-晴れにき/筆まかせ 子規
肯定表現と呼応して、それを強調する気持ちを表す。自分の言うことにうそや誇張のない意を表す。本当に。実に。 「優勝できたのは-幸運だった」 「 -其のつもりで言つたんですが/婦系図 鏡花
相手の言うことに同感である意を表す。本当に。実に。 「 -そのとおりだ」 「『末が思いやられるね』『-だ』」 〔「 -の」などの場合、アクセントは [4] [0]。文末に用いて、話し手の念押しや話し手自身の好ましくない実感を強調することがある。「ひどい話だ、-」〕
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

全くの関連キーワード蚊の食うほどにも思わぬ愛想も小想も尽き果てる西も東も分からない眉一つ動かさないぎゅうぎゅう詰め薬にしたくもない猫の子一匹いない思いも寄らない形骸を土木にす真っ心・真っ芯知る由もない愚にも付かぬ思わず知らず影も形もない水泡に帰する血も涙もない無政府状態真っ赤な嘘空嘘・空噓真っ暗がり

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全くの関連情報