コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少しも スコシモ

デジタル大辞泉の解説

すこし‐も【少しも】

[副]
(下に打消しの語を伴って)全然。まったく。ちっとも。「少しも寒くない」
少しでも。わずかながら。
「―益の増さらんことを営みて」〈徒然・一八八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すこしも【少しも】

( 副 )
(打ち消しの語を伴って)ちっとも。全然。 「あんなに努力したのに-成果が上がらない」
わずかでも。すこしでも。 「 -かたちよしと聞きては、見まほしうする人どもなりければ/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

少しもの関連キーワード善に従うこと流るるが如し風は吹けども山は動かず蚊の食う程にも思わぬ内に省みて疚しからず糸瓜の皮とも思わない骨折り損の草臥れ儲け損なこととは露知らず指一本も差させない非の打ち所がない痛くも痒くもない知らぬ顔の半兵衛歳月人を待たずキャタライザー川向こうの火事痛痒を感じない油断も隙もない裁決流るる如し寝も寝られず暖簾に腕押し手を濡らさず

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

少しもの関連情報