コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一切 イッサイ

デジタル大辞泉の解説

いっ‐さい【一切】

[名]全部。すべて。ことごとく。「会の一切をとり仕切る」「一切を忘れてやり直す」
[副](あとに打消しの語を伴って)全然。まったく。いっせつ。「謝礼は一切受け取らない」「今後一切干渉しない」

いっ‐せつ【一切】

[副]いっさい(一切)」に同じ。
「―存ジマセン」〈和英語林集成

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっさい【一切】

〔古くは「いっせつ」とも〕
( 名 )
全部。すべて。残らず。 「 -の責任を負う」 「仕事の-を任せる」 「 -が無駄になる」
( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。全然。全く。例外なく。 「遅刻は-許さない」
[句項目]

いっせつ【一切】

( 副 )
いっさい(一切) 」に同じ。 「 -管かまひ付けずに措いてくれ給へ/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一切の関連キーワード円融無碍・円融無礙一切衆生悉有仏性無縁の慈悲自今・爾今融通念仏宗無条件降伏ドライデー非線形効果合切・合財唯心縁起院の別当念念生滅賄吟味役訴訟手続三世諸仏相続財産ゼネコン軍事行動二階回し無相離念

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一切の関連情報