些とも(読み)チットモ

デジタル大辞泉「些とも」の解説

ちっと‐も【×些とも】

[副]
打消しの語を伴って、それを強める気持ちを表す。少しも。まったく。「些ともうまくない」「些とも気にしてない」
物事の程度がわずかなさま。少しでも。
「世間の口がうるそうがすから、今日の所は—早く失礼しやす」〈谷崎・幇間〉
[類語]全然全く一向さっぱりまるきりまるで少しもからきし皆目一切まるっきり何らとんといささかも毫も微塵も毛頭更更何もなんにも何一つ一つとして到底とても全くもってどだいてんで寸分一寸寸毫毫末夢にも

ちと‐も【×些とも】

[副]ちっとも」に同じ。
「—法則規律を知らざる自然の才子に劣りつべし」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android