些とも(読み)チットモ

デジタル大辞泉「些とも」の解説

ちっと‐も【×些とも】

[副]
打消しの語を伴って、それを強める気持ちを表す。少しも。まったく。「些ともうまくない」「些とも気にしてない」
物事の程度がわずかなさま。少しでも。
「世間の口がうるそうがすから、今日の所は—早く失礼しやす」〈谷崎・幇間〉
[類語]全然全く一向さっぱりまるきりまるで少しもからきし皆目一切まるっきり何らとんといささかも毫も微塵も毛頭更更何もなんにも何一つ一つとして到底とても全くもってどだいてんで寸分一寸寸毫毫末夢にも

ちと‐も【×些とも】

[副]ちっとも」に同じ。
「—法則規律を知らざる自然の才子に劣りつべし」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android