コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸切り マルキリ

デジタル大辞泉の解説

まる‐きり【丸切り】

[副](多く、下に否定的な表現を伴って)全く。まるで。まるっきり。「丸切り違っている」「丸切りなっていない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まるきり【丸切り】

( 副 )
(多く、下に打ち消しまたはそれに準ずる語を伴って)すべてにわたってそのような状態であるさま。全く。ぜんぜん。まるで。まるっきり。 「 -できない」 「 -別人だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

丸切りの関連キーワード表現別人

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丸切りの関連情報