コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全然 ゼンゼン

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ぜん【全然】

[ト・タル][文][形動タリ]余すところのないさま。まったくそうであるさま。
「―たるスパルタ国の属邦にあらずと雖も」〈竜渓経国美談
[副]
(あとに打消しの語や否定的な表現を伴って)まるで。少しも。「全然食欲がない」「その話は全然知らない」「スポーツは全然だめです」
残りなく。すっかり。
「結婚の問題は―僕に任せるという愛子の言葉を」〈志賀暗夜行路
(俗な言い方)非常に。とても。「全然愉快だ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんぜん【全然】

( 副 )
(打ち消し、または「だめ」のような否定的な語を下に伴って)一つ残らず。あらゆる点で。まるきり。全く。 「雪は-残っていない」 「金は-ない」 「 -だめだ」
あますところなく。ことごとく。全く。すべて。すっかり。 「一体生徒が-悪るいです/坊っちゃん 漱石」 「母は-同意して/何処へ 白鳥
〔話し言葉での俗な言い方〕 非常に。とても。 「 -いい」
( トタル ) [文] 形動タリ 
すべてにわたってそうであるさま。 「実に-たる改革を宣告せり/求安録 鑑三」 〔明治・大正期には、もともと の「すべて」「すっかり」の意で肯定表現にも用いられていたが、次第に下に打ち消しを伴う の用法が強く意識されるようになった。近年、 の意で肯定表現を伴って「全然おいしい」などと程度の強調を表す用法が見られるが、これは俗用である〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

全然の関連キーワードプロデューサーとディレクター溺れる者は藁をも摑む根っから葉っから似ても似つかぬ根から葉から一つとして自転車漕ぎ形影相弔う一切合切掛けてもかつふつ井上晴賀佐々木仁緑川大陸からきし根っから一文無し露知らず丸っ切り怪我な

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全然の関連情報