コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皆目 カイモク

デジタル大辞泉の解説

かい‐もく【皆目】

[副]
あとに打消しの語を伴って、強く否定する気持ちを表す。まるっきり。全然。「皆目見当がつかない」
まるまる全部、すっかりの意を表す。あとに否定的な意味・内容のくることが多い。
「風眼とやらをわづらひおりまして、両眼ともに―おっつぶして」〈滑・膝栗毛・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいもく【皆目】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。まったく。まるっきり。 「 -わからない」 「 -見当がつかない」 「本人の顔は-袋の中へ隠れて/幇間 潤一郎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

皆目の関連キーワード打消し風眼

皆目の関連情報