コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

からに カラニ

デジタル大辞泉の解説

から‐に

[連語]《準体助詞「から」+格助詞「に」》活用語の連体形に付く。上代では格助詞「の」「が」にも付く。
…だけの理由で。…だけで。「聞くからに強そうな名前だ」
「ただ一夜隔てし―あらたまの月か経ぬると心迷(まと)ひぬ」〈・六三八〉
(「からには」の形で)…である以上は。…する以上は。「言ったからには最後までやりとおす」→からは
…と同時に。…とすぐに。
「初春の初子(はつね)の今日の玉箒(たまばはき)手に取る―揺らく玉の緒」〈・四四九三〉
前の事柄を理由・原因として順当な結果へと続ける意を表す。…ので。…ゆえに。
「うちわたす遠方人(をちかたびと)に言問へど答へぬ―しるき花かな」〈新古今・雑上〉
(助動詞「む」に付いて)前の事柄を理由・原因として順当でない結果へと続ける意を表す。…からといって。
「いかに大宮司ならん―、国にはらまれては見参(げんざん)にも参らぬぞ」〈宇治拾遺・三〉
[補説]5の用法は中世だけで、近世になると「てから」「てからが」の形に変わる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

からにの関連キーワード汲み乾す・汲み干す今日考えて明日語れハードコーラルしょぼしょぼ黒須 竜太郎川島甚兵衛下種下種し愛しきよし虚・空・洞接続助詞草深百合向こう様真新しい刺刺しいあらたま片端から玉藻刈る毒毒しい垣間見ゆ我がでに

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

からにの関連情報