コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かるみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かるみ

松尾芭蕉の晩年の作風を表わす言葉。高い詩精神と,民衆詩としての通俗性とを融合しようとした風潮。森川許六 (きょりく) の『青根が峰』 (1785) に「軽きといふは発句付句も求めずして直に見るがごときをいふ也。言葉の容易なる,趣向の軽き事をいふにあらず。腸 (はらわた) の厚き所より出て,一句の上に自然にあることをいふ也」と説明されている。詩心は高くもち,表現は平明にということになる。初期の高踏的,古典的な傾向から変遷を重ねたもので,庶民的な日常身辺の属目 (しょくもく) の景を軽くとらえて,詩情を具象化するところにみられる。『俳諧七部集』のうち『炭俵』『続猿蓑 (さるみの) 』の風がそれに該当。句としては「梅が香にのつと日の出る山路かな」「ひやひやと壁をふまへて昼寝かな」などがあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

かるみ

連歌論・俳論における術語。句の表現としては,対象に素直に接することから生まれる平明さや印象の明瞭さ,理屈を離れた無作為な詠みぶり,また,付合(つけあい)技法としては疎句付の重視を特徴とする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

かるみの関連キーワードアニマルトラッキング4ダブリューディーひさご(俳諧撰集)続・ぬかるみの女泥砂キャスト足を取られるのめり込む真木 洋子スラッシュ服部嵐雪志田野坡雪解け道百田宗治規矩準縄スタック羽山戸神三上千那カッチ湾松尾芭蕉ぐっすり

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android