コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かるみ かるみ

2件 の用語解説(かるみの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

かるみ
かるみ

松尾芭蕉の晩年の作風を表わす言葉。高い詩精神と,民衆詩としての通俗性とを融合しようとした風潮。森川許六 (きょりく) の『青根が峰』 (1785) に「軽きといふは発句も付句も求めずして直に見るがごときをいふ也。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

かるみ

連歌論・俳論における術語。句の表現としては,対象に素直に接することから生まれる平明さや印象の明瞭さ,理屈を離れた無作為な詠みぶり,また,付合(つけあい)技法としては疎句付の重視を特徴とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

かるみの関連キーワード翁忌蕉門桃青忌芭蕉翁行状記芭蕉忌言葉は立居を表す芭蕉さん透視度黒羽芭蕉の館枳風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かるみの関連情報