コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きだ みのる

2件 の用語解説(きだ みのるの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

きだ みのる

1895-1975 昭和時代の小説家。
明治28年1月11日生まれ。昭和8年フランスにわたり,パリ大で古代社会学をまなぶ。23年「気違い部落周游(しゅうゆう)紀行」で毎日出版文化賞。自由と放浪を愛し,独特の文明批評で知られた。昭和50年7月25日死去。80歳。鹿児島県出身。慶大中退。本名は山田吉彦(よしひこ)。著作はほかに「日本文化の根底に潜むもの」,訳書にファーブル「昆虫記」(共訳)など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

20世紀日本人名事典の解説

きだ みのる
キダ ミノル

昭和期の小説家,評論家,翻訳家



生年
明治28(1895)年1月11日

没年
昭和50(1975)年7月25日

出生地
鹿児島県名瀬市(奄美大島)

本名
山田 吉彦(ヤマダ ヨシヒコ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学理財科〔大正6年〕中退,パリ大学文学部〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞(第2回)〔昭和23年〕「気違い部落周游紀行」

経歴
慶大中退後、ジョセフ・コットに師事し、アテネ・フランセの教師となる。昭和8年から14年にかけてはパリ大学で古代社会学を学ぶ。帰国後翻訳・執筆に従事、学生達と八王子郊外の恩方村で「気違い部落」のモデルとなった廃寺に住み、23年「気違い部落周游紀行」を刊行、毎日出版文化賞を受賞した。以後、多彩で独特の創作、文明批評を発表。主な著書に評論「日本文化の根底に潜むもの」「部落の幸福論」「東京気違い部落」「ニッポン気違い列島」や小説「猟師と兎と賭と」「渚と潮」、自伝的作品「道徳を否む者」「人生逃亡者の記録」、紀行「南氷洋」「東南ア大陸ハプニング記」などがあり、翻訳面でも林達夫との共訳・ファーブル「昆虫記」(全20巻)の他デュルケム「社会学と哲学」やバンダ「知識人の反逆」など多くの作品がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きだ みのるの関連キーワード梶山季之伊藤人誉江馬修鈴木彦次郎寺崎浩野沢純松永延造横関大山田キク横山美智子

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

きだ みのるの関連情報