コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きだ みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

きだ みのる

1895-1975 昭和時代の小説家。
明治28年1月11日生まれ。昭和8年フランスにわたり,パリ大で古代社会学をまなぶ。23年「気違い部落周游(しゅうゆう)紀行」で毎日出版文化賞。自由と放浪を愛し,独特の文明批評で知られた。昭和50年7月25日死去。80歳。鹿児島県出身。慶大中退。本名は山田吉彦(よしひこ)。著作はほかに「日本文化の根底に潜むもの」,訳書ファーブル昆虫記」(共訳)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

きだ みのる
キダ ミノル

昭和期の小説家,評論家,翻訳家



生年
明治28(1895)年1月11日

没年
昭和50(1975)年7月25日

出生地
鹿児島県名瀬市(奄美大島)

本名
山田 吉彦(ヤマダ ヨシヒコ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学理財科〔大正6年〕中退,パリ大学文学部〔昭和14年〕卒

主な受賞名〔年〕
毎日出版文化賞(第2回)〔昭和23年〕「気違い部落周游紀行」

経歴
慶大中退後、ジョセフ・コットに師事し、アテネ・フランセの教師となる。昭和8年から14年にかけてはパリ大学で古代社会学を学ぶ。帰国後翻訳・執筆に従事、学生達と八王子郊外の恩方村で「気違い部落」のモデルとなった廃寺に住み、23年「気違い部落周游紀行」を刊行、毎日出版文化賞を受賞した。以後、多彩で独特の創作、文明批評を発表。主な著書に評論「日本文化の根底に潜むもの」「部落の幸福論」「東京気違い部落」「ニッポン気違い列島」や小説「猟師と兎と賭と」「渚と潮」、自伝的作品「道徳を否む者」「人生逃亡者の記録」、紀行「南氷洋」「東南ア大陸ハプニング記」などがあり、翻訳面でも林達夫との共訳・ファーブル「昆虫記」(全20巻)の他デュルケム「社会学と哲学」やバンダ「知識人の反逆」など多くの作品がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

きだ みのる

生年月日:1895年1月11日
昭和時代の小説家
1975年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

きだ みのるの関連キーワードレビ・ブリュールきだ・みのる子育てごっこ林 達夫生年月日昭和時代農民文学柳沢信モース

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きだ みのるの関連情報