コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けらし ケラシ

デジタル大辞泉の解説

け◦らし

[連語]《過去の助動詞「けり」の連体形に推量の助動詞「らし」の付いた「けるらし」の音変化》
確実な根拠に基づいて、過去の動作・状態を推量する意を表す。
「我妹子(わぎもこ)は常世(とこよ)の国に住み―◦らし昔見しより変若(をち)ましにけり」〈・六五〇〉
近世文語で「けり」をやわらげていう用法。
「心もとなき導師の力なり―◦らし」〈笈の小文
[補説]一説に、「けり」が形容詞的に活用したもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けらし

( 連語 )
〔助動詞「けり」と助動詞「らし」との連語「けるらし」の転。一説に「けり」の形容詞的に活用したものとも。和歌に多く用いられるが、和歌以外でも感動的・情緒的文には用いられることがある〕
過去を回想しながら、ある状態を客観的立場から推量判断する。助詞「も」を伴って詠嘆的にも用いる。 「古の神の時より逢ひけらし今の心も常忘らえず/万葉集 3290」 「しのびて心かはせる人ぞありけらし/源氏 帚木」 「恋せじとみたらし河にせしみそぎ神はうけずぞなりにけらしも/古今 恋一
(近世文語で)「けり」に同じで、それをやや婉曲的に表現するのに用いる。 「漸ようやく雲門に入るこそ心もとなき導師の力なりけらし/笈の小文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

けらしの関連キーワード行き合ひの早稲分く・別く愛知(県)情けらしいヒカリボヤ行き合ひにけらし持統天皇奇し御魂天香久山薫き掛け高市黒人降り紛ふ年魚市潟百人一首夕されば腕・手房連体形助動詞小倉山