コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごま葉枯病 ごまはがれびょう brown spot

3件 の用語解説(ごま葉枯病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ごま葉枯病
ごまはがれびょう
brown spot

複斑病とも呼ばれる。糸状菌の一種の子嚢菌に属する菌類による,植物の伝染性の病害。おもにとうもろこし,粟,稲などに寄生,発病する。葉を中心に葉鞘,苞葉などに紡錘形,楕円形の斑点を生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ごま葉枯病【ごまはがれびょう】

子嚢菌(しのうきん)類コクリオボーラス属の菌類によって引き起こされるイネ,トウモロコシ,アワの重要な病気。葉にごま状の黒色病斑を生じ,後に枯死する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ごま葉枯病
ごまはがれびょう

イネおよびトウモロコシの病気。イネごま葉枯病はイネの重要な病気の一つで、コクリオボルス・ミヤベアヌスCochliobolus miyabeanusという子嚢菌(しのうきん)の寄生によっておこる。おもに葉に褐色ないし濃褐色の楕円(だえん)形の小さい斑点(はんてん)ができる。斑点の大きさは普通長さ2~3ミリメートルで、ゴマ粒をちりばめたような病徴を示すのでこの名がある。ひどく発生して多くの病斑ができた葉はまもなく枯れる。また、節、穂首、もみなども侵される。穂首は褐色になり実入りが悪くなる。もみでは褐色の斑点ができ、のちに黒色の病原菌(胞子)が煤(すす)状に形成される。病原菌は被害藁(わら)やもみについて冬を越し、翌年これから広がる。砂質土、泥炭地などや秋落ち水田で発生が多く、また、肥料とくにカリが不足すると発生が多くなる。客土、種もみの消毒、堆肥(たいひ)などの有機質肥料やカリ肥料の十分な施用によって防除する。
 トウモロコシごま葉枯病はイネごま葉枯病に似た病徴で葉に小さい褐色の斑点ができる。病原菌も同じ属の糸状菌である。もともとそれほど重要な病気ではなかったが、1970年(昭和45)アメリカで雄性不稔(ふねん)細胞質をもった一代雑種品種で大発生し有名になった病気である。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごま葉枯病の関連キーワード萎凋病糸状菌子嚢子嚢菌類子嚢菌類・子囊菌類子器子嚢菌子嚢胞子ペニシリウム属褐斑病(ブルーグラス)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone