コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぜんそく ぜんそく

1件 の用語解説(ぜんそくの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ぜんそく

《どんな病気か?》
 気管支(きかんし)の内側が狭くなり、肺への空気の出入りが悪くなる病気です。ぜんそくの発作(ほっさ)では、ゼーゼー、ヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)をともなう呼吸困難が起こります。おもな原因はアレルギー反応(「小児ぜんそく」参照)ですが、タバコの煙排気ガスといった刺激によっても悪化します。
《関連する食品》
〈IPA、DHA、タウリンで気道の炎症、収縮を抑える〉
○栄養成分としての働きから
 気道の炎症を改善するIPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)、気道の収縮を抑えるタウリンが有効な成分です。
 ウナギハマチイワシマグロ、ブリなどには、IPA、DHAが豊富に含まれています。タウリンはサザエホタテガイ、タコ、イカなどに多く含まれます。アレルゲンアレルギーの原因)でなければ、積極的にとりましょう。
 また、コマツナニンジンシュンギクなど緑黄色野菜に含まれるカロテンも、粘膜を丈夫にして免疫力を高める働きがあります。トウガラシなど辛みの強い香辛料は、気道を刺激して発作を起こすことがあるのでできるだけ避けるようにします。
○漢方的な働きから
 ぜんそくの妙薬といわれるフキの茎や葉を薄味で煮て食べましょう。
○注意すべきこと
 気管支拡張剤テオフィリン製剤チョコレートカフェインを併用すると、頭痛や胃腸症状などの副作用が現れやすくなります。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ぜんそくの関連情報