コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小児喘息 ショウニゼンソク

5件 の用語解説(小児喘息の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょうに‐ぜんそく〔セウニ‐〕【小児×喘息】

小児の気管支喘息

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小児喘息【しょうにぜんそく】

成人と同様に呼吸困難を主症状とする気管支喘息もあるが,単なる風邪の際に喘鳴(ゼイゼイいう音)を発したり,病気がないのに季節の変り目などに呼吸に喘鳴を伴う喘息様気管支炎も含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょうにぜんそく【小児喘息 infantile asthma】

一般には小児気管支喘息のことをさし,〈笛声喘鳴〉(ヒューヒュー,ゼロゼロという息づかい)を伴う呼吸困難を発作性に繰り返す病気である。1歳未満では非常に少ないが,1歳をすぎると急激に増加し,3歳までに約2/3が発症し,大部分(約9割)が学齢期までに発症する。小児喘息は治りやすい病気といわれ,8~15歳,すなわち思春期前後までに約半数が治癒する。難治化して成人喘息へ移行するのは約1割とみられている。この病気は日本では1955年ころから増加の傾向にあるが,その理由として,乳幼児期の人工栄養,早期離乳,化粧品などの異物との接触,大気汚染などが考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょうにぜんそく【小児喘息】

小児の気管支喘息。原因のほとんどはアレルギーで、日本では1955年(昭和30)頃から増加。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小児喘息
しょうにぜんそく

小児気管支喘息をさす。これはアレルギー性疾患であり、発作的にくる呼気性の呼吸困難が特徴である。この呼吸困難は気管支、それもとくに細気管支の平滑筋が収縮することと、気管支内部の粘膜が腫脹(しゅちょう)し、さらに分泌物が増えることによって気管支の内腔(ないくう)が狭まり、吸気はできるが呼気ができないためにおこる。
 原因は、気道の慢性アレルギー性炎症と気道の過敏性があり、そこに刺激が加わって発症するといわれる。
 発作は夜間におこることが多く、喘鳴(ゼーゼー、ヒューヒュー)で始まり、呼吸困難を訴え、吸気よりも呼気が2、3倍延長し、起坐(きざ)呼吸となる。発作が長時間にわたると、喘息重積状態となって脱水症状、意識障害が出現する。治療は、脱水状態の改善、水分の補給、気管支拡張剤の吸入・注射・内服などで大多数は効果が出現するが、入院して点滴、酸素吸入が必要になる場合もある。
 もっとも重要なことは、喘息発作をいかにして治療するかよりも、いかに予防するかである。そのために日常生活において、環境の整備、すなわち喘息を増悪させる因子の除去は、もっとも重要であり、喘息の発作型に応じた薬物療法も行われる。さらに、乾布・冷水摩擦などの皮膚鍛練、積極的な運動療法とともに、自立心を育てる精神鍛練がぜひ必要である。現在、その目的で、各地で喘息キャンプが行われている。[山口規容子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小児喘息の言及

【気管支喘息】より

…気管支喘息とは,発作性の呼吸困難と喘鳴(呼吸時のヒューヒュー,ゼーゼーという音)を特徴とする呼吸器疾患である。
[歴史]
 asthma(喘息)の語はギリシア語に由来し,〈あえぎ呼吸〉の意味である。喘息についての記載は,すでにヒッポクラテスによってなされており,その中で〈asthmaになったら怒りをしずめよ〉と心理的要因の重要性を説いている。今日,日本語として使われている〈喘息〉という文字は,中国最古の医書《素問》や《霊枢》(《黄帝内経》)にみることができる。…

※「小児喘息」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小児喘息の関連キーワード粳米気管支喘息気管支肺炎喘息小児気管支喘息麻黄気管支拡張麻杏甘石湯喘息性気管支炎喘息様気管支炎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小児喘息の関連情報