コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だす だす

大辞林 第三版の解説

だす

( 助動 ) ( ○ ・だし ・だす ・○ ・○ ・○ )
〔「でやす」の転。近世上方語〕
軽い丁寧の意を持った断定を表す。です。 「どいつも銭のねえふうだす/洒落本・中洲之華美」 「夫だがいまつからあ半ん端だす/洒落本・真女意題」 〔現代では大阪その他の方言として用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

だすの関連キーワード奸智・姦智・奸知召し出す・召出す一雨ありそうシーキュー問わず語りビュッフェ遣り出だす担ひ出だす木の道の工選り出す追ん出る選り出づ謀り出づタイダイ突っ伏す崩し出づ幸せ太り学び出づ暇を遣る藤田権平

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だすの関連情報