コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だれる だれる

大辞林 第三版の解説

だれる

( 動下一 )
気持ちにはりやしまりがなくなる。気がゆるむ。だらける。 「気分が-・れる」 「生活が-・れる」
取引で、相場に活気がなくなり、多少安くなる。 ↔ 締まる
(芝居などで客が)退屈する。
鮮度などがおちる。 「サカナガ-・レタ/ヘボン 三版

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

だれるの関連キーワード締まる・閉まる・締る・閉るコイヘルペスウイルス病うわなだれ(上雪崩)シダレグリ(垂栗)天下る・天降るなだれ(雪崩)カライトソウ掻き乱れるカモジグサ雪崩・傾れニシキハギ那珂太郎爛らかす掻き乱る取り乱るだらける撓垂れ濫するこだるヘボン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

だれるの関連情報