コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とうびょう トウビョウ

3件 の用語解説(とうびょうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐びょう

中国・四国地方でいう憑(つ)き物の一。小狐または小さい蛇で人に憑くという。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とうびょう
とうびょう

中国、四国地方でいわれている憑(つ)き物(もの)の一種。小ヘビのような形をしており、瓶の中に飼われているといわれ、土瓶という字があてられる。ヘビといっても細長い杉箸(すぎはし)のようなかっこうをしており、頸部(けいぶ)に白または黄色の帯状のものがあるという。鳥取地方ではとうびょう狐(きつね)といっており75匹が群れをなしているという。山口県長門(ながと)地方では長虫(ヘビ)のようなもので家に憑くというより個人に憑くという。同じ憑き物の犬神よりも執念深い。備中(びっちゅう)(岡山県)地方ではとうびょう神として祀(まつ)っている所があり、酒好きという。四国の讃岐(さぬき)(香川県)地方ではとうびょうを土の甕(かめ)に入れて台所の近くに置いているという。どの地方でも、とうびょうは夜中に出て他家の物をくわえてくるので、とうびょう持ちの家は金持ちになるといわれている。縁組みをするとその家もとうびょう持ちとなるといい、とうびょう持ちの家とはどこでも通婚を嫌った。人がとうびょうに憑かれると神経痛のように痛むという。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とうびょうの関連情報