コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とうびょう トウビョウ

デジタル大辞泉の解説

とう‐びょう

中国・四国地方でいう憑(つ)き物の一。小狐または小さい蛇で人に憑くという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうびょう

きものの一。正体は小さい蛇か狐だとされる。中国・四国地方でいわれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とうびょう
とうびょう

中国、四国地方でいわれている憑(つ)き物(もの)の一種。小ヘビのような形をしており、瓶の中に飼われているといわれ、土瓶という字があてられる。ヘビといっても細長い杉箸(すぎはし)のようなかっこうをしており、頸部(けいぶ)に白または黄色の帯状のものがあるという。鳥取地方ではとうびょう狐(きつね)といっており75匹が群れをなしているという。山口県長門(ながと)地方では長虫(ヘビ)のようなもので家に憑くというより個人に憑くという。同じ憑き物の犬神よりも執念深い。備中(びっちゅう)(岡山県)地方ではとうびょう神として祀(まつ)っている所があり、酒好きという。四国の讃岐(さぬき)(香川県)地方ではとうびょうを土の甕(かめ)に入れて台所の近くに置いているという。どの地方でも、とうびょうは夜中に出て他家の物をくわえてくるので、とうびょう持ちの家は金持ちになるといわれている。縁組みをするとその家もとうびょう持ちとなるといい、とうびょう持ちの家とはどこでも通婚を嫌った。人がとうびょうに憑かれると神経痛のように痛むという。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

とうびょうの関連キーワード子どもに多い自己免疫疾患と対策イースト・ロンドンクウェジェリン環礁原発性免疫不全症覚醒剤急性中毒ポルトガル文学ウィンドラスジスキネジーリウマチ熱トンキン湾生ワクチンカムラン湾大槻俊斎歯科治療千島列島病巣扁桃山岡槐庵桑田立斎台湾坊主西宮砲台

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とうびょうの関連情報