コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ところで トコロデ

4件 の用語解説(ところでの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ところで[接]

[接]《接続助詞「ところで」から》
いったん言葉を切って、話題を変えるとき用いる。ときに。それはそれとして。「ところであなたはどうします」

㋐それで。ゆえに。
「其のくじに一くじが出たぞ。―臣下共が、今年ばかり代を御もちあらうかと」〈蒙求抄・一〉
㋑けれども。だが。
「こなたへは参り候ふまいといふぞ。―三度まで行かれたぞ」〈蒙求抄・一〉

ところで[接助]

[接助]《形式名詞「ところ」+格助詞「で」から》過去の助動詞「た」の終止形に付く。ある事態が起こっても、何もならないか、または、好ましくない状態をひき起こすことを予想させる意を表す。…しても。…たとしても。「警告を発したところで聞き入れはすまい」「たとえ勝ったところで後味の悪い試合だ」
[補説]「ところで」は中世後期以降用いられ、初めは順接の確定条件を表した。「人多い―見失うた」〈虎明狂・二九十八〉。近世後期になって、逆接の確定または仮定条件が生まれた。近代以降は、もっぱら逆接の意にのみ用いられ、「ところが」の領域をも占めるようになった。現代語では、「たとえ」「よし」「よしんば」などの副詞と呼応して用いられることが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ところで

( 接続 )
〔接続助詞「ところで」から〕
話題を変えて話しはじめる時に用いる。それはそうと。 「 -、今日はおひまですか」

ところで

( 接助 )
〔形式名詞「ところ」に格助詞「で」の付いたものから。近世後期以降の語。「とこで」の形をとることもある〕
助動詞「た」の終止形で終わる文に接続する。逆接条件を表す。前の事柄が無益なものに、また、好ましくない状態になりそうだという予想のもとで、後に結びつける。「…しても」の意。 「理屈をいってみた-、何の甲斐もない」 「急いだ-、時間的にとても無理だ」 → ところが(接助)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ところでの関連キーワード格助詞癖に形式名詞どころところがところをとのものでものの程に

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ところでの関連情報