コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ところで トコロデ

デジタル大辞泉の解説

ところで[接]

[接]《接続助詞「ところで」から》
いったん言葉を切って、話題を変えるとき用いる。ときに。それはそれとして。「ところであなたはどうします」

㋐それで。ゆえに。
「其のくじに一くじが出たぞ。―臣下共が、今年ばかり代を御もちあらうかと」〈蒙求抄・一〉
㋑けれども。だが。
「こなたへは参り候ふまいといふぞ。―三度まで行かれたぞ」〈蒙求抄・一〉

ところで[接助]

[接助]《形式名詞「ところ」+格助詞「で」から》過去の助動詞「た」の終止形に付く。ある事態が起こっても、何もならないか、または、好ましくない状態をひき起こすことを予想させる意を表す。…しても。…たとしても。「警告を発したところで聞き入れはすまい」「たとえ勝ったところで後味の悪い試合だ」
[補説]「ところで」は中世後期以降用いられ、初めは順接の確定条件を表した。「人多い―見失うた」〈虎明狂・二九十八〉。近世後期になって、逆接の確定または仮定条件が生まれた。近代以降は、もっぱら逆接の意にのみ用いられ、「ところが」の領域をも占めるようになった。現代語では、「たとえ」「よし」「よしんば」などの副詞と呼応して用いられることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ところで

( 接続 )
〔接続助詞「ところで」から〕
話題を変えて話しはじめる時に用いる。それはそうと。 「 -、今日はおひまですか」

ところで

( 接助 )
〔形式名詞「ところ」に格助詞「で」の付いたものから。近世後期以降の語。「とこで」の形をとることもある〕
助動詞「た」の終止形で終わる文に接続する。逆接条件を表す。前の事柄が無益なものに、また、好ましくない状態になりそうだという予想のもとで、後に結びつける。「…しても」の意。 「理屈をいってみた-、何の甲斐もない」 「急いだ-、時間的にとても無理だ」 → ところが(接助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ところでの関連キーワード此処に・是に・爰に・茲にパッケージ・デザインタイポグラフィーそれはさておき其れはさておき液化天然ガス連座(連坐)損益分岐点化学調味料債務引受け不完全競争回転期間接続助詞静止質量此の間に形式名詞付かぬ事形態形成提灯行列してまた

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ところでの関連情報