時に(読み)トキニ

デジタル大辞泉の解説

とき‐に【時に】

[副]
場合によっては。時々。たまに。「時に病気になることがある」
まさしくその時。時あたかも。「時に戦後の混乱期のさなかであった」
[接]会話で、新しい話題に入るときに用いる。さて。ところで。「時にあのはどうなりましたか」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ときに【時に】

( 副 )
場合によってはそういう事態もあると判断するさま。たまに。まれに。時には。 「 -失敗することもある」
〔漢文訓読に由来する語法〕 その物事の起こった日時を具体的に述べるさま。時あたかも。その時。 「 -昭和二〇年八月一五日」
( 接続 )
話題を変える際に用いる語。ところで。さて。 「 -お子さんはおいくつになりましたか」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とき‐に【時に】

(名詞「とき」に助詞「に」の付いたもの)
[1] 〘連語〙 その時に。
※百座法談(1110)三月四日「我も人も皆はちすの花のうへにゐたり。時に獄卒あきれあやしみて」
[2] 〘副〙 常にというわけでなく、おりがあって行なうさまをいう語。ときどき。おりおり。どうかすると。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「我輩も時に忠告を試みて見るが」
[3] 〘接続〙 それまで述べてきた事柄から離れて別の新しいことを言い出すときに用いる語。また、特に注意を引きつけるための話の冒頭で用いる。ところで。さて。
※米沢本沙石集(1283)九「時に売候べし、いくいくらに買はせ給べし」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉四「ときに何時だなと時計を見ると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時にの関連情報