コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さて サテ

1件 の用語解説(さての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ‐て

《副詞「さ」+接続助詞「て」から》
[接](「扨」「扠」「偖」とも書く。「扨」は国字)
一つの話が終わって、新しい話題に移るときに用いる。ところで。一方。「さて、話は変わって」
前述の事柄を受けて、あとに続けるときに用いる。そうして。それから。「自分の席に着き、さて仕事にかかろうとすると」
前述の事柄に反するような事実を述べるときに用いる。しかし。ところが。「口で言うのは簡単だが、さて実行に移すとなるとなかなか難しい」
[感]
次の行動に移るとき、自問したり相手に呼びかけたりする語。さあ。まあ。「さて、どうしたものだろう」「さて、そろそろ出かけようか」
深く感心する気持ちを表す語。はてさて。なんとまあ。「さておうらやましいことで」
文末に置いて、自分の発言内容を確認したり強調したりする語。まあ。
「そなたが待たば愚僧も待たうは―」〈虎寛狂・宗論
[副]
前に述べた事柄を認容・放置するさま。そういう状態で。そのままに。
「見そめつる契りばかりを捨てがたく思ひ…、―たもたるる女のためも」〈・帚木〉
(「さての」の形で)そのほかの。それ以外の。
「―の日を思ひたれば、また南ふたがりにけり」〈かげろふ・下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さての関連キーワードからとて然すれば然は従ってしてみれば接続助詞てさですからてや何どて

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さての関連情報