コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とびひ とびひimpetigo contagiosa

3件 の用語解説(とびひの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とびひ
impetigo contagiosa

伝染性膿痂疹の俗称。化膿性皮膚疾患 (膿皮症) の一つでブドウ球菌連鎖球菌などの化膿球菌の感染による。湿潤性の丘疹,小紅斑が現れて急速に増大し,水疱あるいは膿性水疱となる。被膜は薄く,容易に破れてびらん状となり,のちに痂皮 (かひ) を形成する。組織学的には角質層下膿疱で,発疹はしばしば全身的に生じるが,全身状態は特に侵されない。あらゆる年齢層がかかるが,特に小児に夏季多発し,接触伝染する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

とびひ

伝染性膿痂疹(のうかしん)の俗称。ブドウ球菌連鎖球菌などの化膿球菌の感染による。夏季に小児の顔面や四肢に紅斑を生じ,数時間後に水疱(すいほう)を形成する。大きさはアズキ大〜母指頭大で,内容は淡黄色透明から後に膿様となり痂皮を形成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とびひ
とびひ / 飛火

ブドウ球菌性伝染性膿痂疹(のうかしん)(水疱(すいほう)性膿痂疹)の俗称で、黄色ブドウ球菌が表皮内に感染して生ずる皮膚疾患。夏季、幼小児に多く、全身至る所の皮膚に大小さまざまの水疱を生じ、水疱はやがて膿疱となるが、容易に破れてびらん面となる。水疱の内容液やびらん面の滲出(しんしゅつ)液が皮膚に付着すると新しい水疱を生じ、また他人にも伝染するところから、とびひとよばれる。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とびひの関連情報