コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とびひ とびひ impetigo contagiosa

3件 の用語解説(とびひの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とびひ
とびひ
impetigo contagiosa

伝染性膿痂疹の俗称。化膿性皮膚疾患 (膿皮症) の一つでブドウ球菌連鎖球菌などの化膿球菌の感染による。湿潤性の丘疹,小紅斑が現れて急速に増大し,水疱あるいは膿性水疱となる。被膜は薄く,容易に破れてびらん状となり,のちに痂皮 (かひ) を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

とびひ

伝染性膿痂疹(のうかしん)の俗称。ブドウ球菌連鎖球菌などの化膿球菌の感染による。夏季に小児の顔面や四肢に紅斑を生じ,数時間後に水疱(すいほう)を形成する。大きさはアズキ大〜母指頭大で,内容は淡黄色透明から後に膿様となり痂皮を形成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

とびひ
とびひ / 飛火

ブドウ球菌性伝染性膿痂疹(のうかしん)(水疱(すいほう)性膿痂疹)の俗称で、黄色ブドウ球菌が表皮内に感染して生ずる皮膚疾患。夏季、幼小児に多く、全身至る所の皮膚に大小さまざまの水疱を生じ、水疱はやがて膿疱となるが、容易に破れてびらん面となる。水疱の内容液やびらん面の滲出(しんしゅつ)液が皮膚に付着すると新しい水疱を生じ、また他人にも伝染するところから、とびひとよばれる。[野波英一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とびひの関連キーワード胎毒伝染性膿痂疹飛火皮膚病伝染性膿痂疹化膿性疾患伝染性膿痂疹(とびひ)吸出膏水泡性膿痂疹

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

とびひの関連情報