コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なでしこ銘柄 なでしこめいがら

3件 の用語解説(なでしこ銘柄の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

なでしこ銘柄

女性人材を積極登用している東証1部上場企業。名称の由来はサッカー日本女子代表のなでしこジャパン。2013年2月、東京証券取引所経済産業省がアサヒグループホールディングス、花王、ファーストリテイリングなど17社を選定・発表した。管理職に占める女性の比率が高く、仕事と家庭の両立支援が充実しており、経営効率の高いことが選定基準。個人投資家などを市場に呼び込むとともに 、企業側に女性人材の活用を促す狙いがある。

(2013-2-28)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人事労務用語辞典の解説

なでしこ銘柄

なでしこ銘柄」とは、東京証券取引所(以下、東証)と経済産業省が女性人材の活用に積極的な企業を選定し、投資家に紹介する取り組み、および選ばれた東証一部上場企業を指す呼称です。名称の由来はサッカー日本女子代表のなでしこジャパンから。企業側に女性活用の推進を促すとともに、日本株の魅力をアピールし、個人投資家などを市場に呼び込むのがねらいです。2013年2月に第1回の選定・発表が行われ、東証一部上場企業約1,700社の中から、日産自動車、花王、ファーストリテイリングなど17社がなでしこ銘柄に選ばれました。
(2013/5/13掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

なでしこ銘柄
なでしこめいがら

上場企業のうち女性の活用に積極的に取り組み、業績向上につなげている企業。サッカーの日本女子代表チーム「なでしこジャパン」にちなんだ名称で、経済産業省と東京証券取引所が2012年度(平成24)より上場企業のなかから選定・発表している。女性の活躍を促すことで、人口減少時代の就労人口を維持するだけでなく、女性が働きやすい環境をつくることは多様な人材を生かすことで生産性を高めることにつながるとの概念に立脚して始まった制度である。なでしこ銘柄を発表して広く一般に周知することで、女性をはじめとした個人投資家を株式市場へ呼び込むねらいもある。なでしこ銘柄は、(1)女性の管理職・役員比率などの女性登用度、(2)法定を上回る育児休業制度やフリータイム勤務制度の導入など、仕事と家庭を両立できる制度の充実度、(3)株主資本利益率ROE)などの財務指標の健全性、などを参考に、有識者で構成する選定基準検討委員会が28の業種(2014年度までは33業種)ごとに選定している。2012年度は17社、2013年度は26社、2014年度は40社、2015年度は45社を選び、日産自動車、東京急行電鉄KDDIの3社は4年連続でなでしこ銘柄に選ばれた。当初、東証一部の上場企業のなかから選んでいたが、選考の裾野(すその)を広げ、より多くの企業を表彰するため、2015年度からは東証二部、マザーズ、ジャスダックの上場企業に対象を拡大した。おもに、なでしこ銘柄に選ばれた企業の株式を組み込んだ、投資初心者の女性向けの投資信託を「なでしこファンド」とよぶ。
 なお類似の表彰制度に、仕事と育児・介護の両立支援に積極的に取り組む企業を表彰する「均等・両立推進企業表彰制度」(厚生労働省)や、性別、国籍、職歴、経歴、障害の有無などにかかわらず多様な人材を生かしている企業を表彰する「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業省。2015年表彰から「新・ダイバーシティ経営企業100選」)などがある。[矢野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なでしこ銘柄の関連キーワードポジティブアクション郭隗上場銘柄登用東証株価指数(TOPIX)抜擢人事連結人材4大監査法人東京・丸の内積極的治療

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なでしこ銘柄の関連情報