コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にけり ニケリ

デジタル大辞泉の解説

に◦けり

[連語]《完了の助動詞「ぬ」の連用形+過去の助動詞「けり」》…てしまった。…たことだ。
「時世経て久しくなり―◦ければ、その人の名忘れ―◦けり」〈伊勢・八二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にけり

( 連語 )
〔完了の助動詞「ぬ」の連用形「に」に過去の助動詞「けり」の付いたもの〕
すでに済んでしまった事柄について、その事実にあらたに気づいたことを表す。詠嘆の気持ちを伴うことが多い。…してしまった。…てしまったことだなあ。 「花の色はうつり-・けりないたづらに我が身世にふるながめせしまに/古今 春下」 「一生このことにて暮れ-・けりと、つたなく見ゆ/徒然 168

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

にけりの関連キーワードダイレクトシュート民の竈・民の竃玉垣の内つ国いなのめの根っ木打ち揺るぎ立つ色に出ず手見せ禁己が世世ストーブ今年生ひ皆になる名刺受け生ひ成る行き至る生夕暮れ助動詞藻塩木十一月四十日

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にけりの関連情報