コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひたひた(読み)ヒタヒタ

デジタル大辞泉の解説

ひた‐ひた

[副]
水などが繰り返し静かに打ち寄せて軽くものに当たる音や、そのさまを表す語。「ひたひたと波が岸辺を打つ」
水が寄せてくるように物事が段々と迫ってくるさま。「敵がひたひた(と)押し寄せる」
動作などがすみやかなさま。さっさと。
「天井に―と上がりて」〈義経記・六〉
[形動]中の物がやっとつかる程度であるさま。「だし汁をひたひたに加える」
[アクセント]タヒタ、または、ヒヒタ、はヒタヒタ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひたひた

[1][2] ( 副 )
水が繰り返し静かに打ち当たるさま。また、その音を表す語。 「水が舟べりを-(と)たたく」
水が押し寄せるように、次第に迫ってくるさま。 「敵の大軍が-と押し寄せる」 「孤独感が-と胸に迫る」
密着するさま。ぴったりと。 「膠にかわをもつて-とつけますれば、時の間に出来まする/狂言記・仏師」
すみやかなさま。さっさと。急いで。 「 -と乗つて駆けよ、者ども/平家 11
[0] ( 形動 )
液体の量が、中の物がやっとつかり切るほどであるさま。 「水加減は-になるくらいにする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひたひたの関連情報