コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひたひた ヒタヒタ

2件 の用語解説(ひたひたの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひた‐ひた

[副]
水などが繰り返し静かに打ち寄せて軽くものに当たる音や、そのさまを表す語。「ひたひたと波が岸辺を打つ」
水が寄せてくるように物事が段々と迫ってくるさま。「敵がひたひた(と)押し寄せる」
動作などがすみやかなさま。さっさと。
「天井に―と上がりて」〈義経記・六〉
[形動]中の物がやっとつかる程度であるさま。「だし汁をひたひたに加える」
[アクセント]タヒタ、または、ヒヒタ、はヒタヒタ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひたひた

[1][2] ( 副 )
水が繰り返し静かに打ち当たるさま。また、その音を表す語。 「水が舟べりを-(と)たたく」
水が押し寄せるように、次第に迫ってくるさま。 「敵の大軍が-と押し寄せる」 「孤独感が-と胸に迫る」
密着するさま。ぴったりと。 「膠にかわをもつて-とつけますれば、時の間に出来まする/狂言記・仏師」
すみやかなさま。さっさと。急いで。 「 -と乗つて駆けよ、者ども/平家 11
[0] ( 形動 )
液体の量が、中の物がやっとつかり切るほどであるさま。 「水加減は-になるくらいにする」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひたひたの関連キーワード総合職一打ち国方巻舒事欠け少なくとも存知二の矢見出づ真し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひたひたの関連情報