ひたひた(読み)ヒタヒタ

デジタル大辞泉の解説

ひた‐ひた

[副]
水などが繰り返し静かに打ち寄せて軽くものに当たる音や、そのさまを表す語。「ひたひたと波が岸辺を打つ」
水が寄せてくるように物事が段々と迫ってくるさま。「敵がひたひた(と)押し寄せる」
動作などがすみやかなさま。さっさと。
「天井に―と上がりて」〈義経記・六〉
[形動]中の物がやっとつかる程度であるさま。「だし汁をひたひたに加える」
[アクセント]タヒタ、または、ヒヒタ、はヒタヒタ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひたひた

[1][2] ( 副 )
水が繰り返し静かに打ち当たるさま。また、その音を表す語。 「水が舟べりを-(と)たたく」
水が押し寄せるように、次第に迫ってくるさま。 「敵の大軍が-と押し寄せる」 「孤独感が-と胸に迫る」
密着するさま。ぴったりと。 「膠にかわをもつて-とつけますれば、時の間に出来まする/狂言記・仏師」
すみやかなさま。さっさと。急いで。 「 -と乗つて駆けよ、者ども/平家 11
[0] ( 形動 )
液体の量が、中の物がやっとつかり切るほどであるさま。 「水加減は-になるくらいにする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひた‐ひた

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
作が滞りなく、すみやかであるさまを表わす語。さっさと。
※平家(13C前)一一「ひたひたと乗ってかけよ、物ども」
※合巻・偐紫田舎源氏(1829‐42)一〇「ひたひたと打解けず」
② 物が軽くぶつかる音、かるくたたく音などを表わす語。〔名語記(1275)〕
※たけくらべ(1895‐96)〈樋口一葉〉一二「朴木歯の下駄ひたひたと」
③ 物が密着するさま、また、適合するさまを表わす語。ぴたぴた。
※玉塵抄(1563)二四「わらっつ物がたりしてひたひたとしたしうしたぞ」
※新梅ごよみ(1901)〈永井荷風〉二〇「濡れた桜の花瓣が〈略〉前掛や袂の上にもひたひたと附着いて居た」
④ 風が物に吹き当たる音や、水が岸・へりなどにうち当たる音、また、そのさまを表わす語。
※俳諧・続猿蓑(1698)夏「藺の花にひたひた水の濁り哉〈此筋〉」
※咄本・軽口剽金苗(1747)上「竿をとり、針を川へなげると見へしが、大きなる鯉のかかりて、ひたひたとはねる」
⑤ 水が浸すように、次第次第にってくるさまを表わす語。
※太閤記(1625)二「四方之攻口、人数の手賦、並法制等能に沙汰し、廿八日之朝より、ひたひたと取寄る」
※家族会議(1935)〈横光利一〉「立ち込めた霧は窓の傍までひたひたと迫って来た」
[2] 〘形動〙 水が浅くて底に近く、物がつかるかつからないかの程度であるさま。料理用語としては、水・汁などに材料がやっとかくれるくらいひたるさまを表わす語。
※中華若木詩抄(1520頃)中「橋と水と、ひたひたにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ひたひたの関連情報