コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぼっか

百科事典マイペディアの解説

ぼっか

山小屋へ物を背負って運ぶ運搬業者。歩荷とも書く。中部山岳地帯に多くみられた。積雪期登山のために山小屋などへ荷を運んでおくことを〈ぼっかする〉という。元来は信州から越後や飛騨へ物資を運んだ運搬業者のこと。
→関連項目強力

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぼっか
ぼっか / 歩荷

人が自ら荷物を背に負って運ぶ運搬業者のこと。物資を輸送する方法としてはもっとも原始的なもので、すでに古代社会からその存在が確認されている。戦国時代(16世紀)ごろまでは陸上輸送機関の主力として活躍していたが、江戸時代以降は牛馬による輸送が発達し、歩荷は補助的なものとなっていった。歩荷が最後まで残ったのは牛馬が通えぬ山間地域で、とくに中部山岳地帯では昭和になってからもみられた。歩荷の形態はおよそ三つに分けられ、農民が農閑期に余業として行うもの、歩荷専業のもの、専業者のなかで単に運搬をするだけでなく行商を兼ねるもの、があった。物資を運ぶ際は背負い梯子(ばしご)と杖(つえ)を用いる。荷物は背負い梯子に縛り付けて歩き、休むときは背負い梯子の下部に杖を当て、立ったまま息を入れた。歩荷には男ばかりでなく女も従事したが、背負う重量は男が16貫(60キログラム)、女が12貫(45キログラム)くらいである。歩行速度はきわめて遅く、積雪期などは1日3里(約12キロメートル)しか行けなかったという。輸送物資は、山間部から麻やたばこを運び出し、帰りは海岸部から塩や魚を、平野部からは米を背負ってゆくのが一般的であった。[胡桃沢勘司]
『『明治大正史・世相篇』(『定本柳田国男集24』1963・筑摩書房) ▽新城常三著『鎌倉時代の交通』(1967・吉川弘文館) ▽北見俊夫著『市と行商の民俗』(1970・岩崎美術社) ▽胡桃沢勘司著『山あいを塩と魚が行く道』(『日本の街道 三 雪の国北陸』所収・1981・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ぼっかの関連キーワード泰山を挟みて北海を超ゆ糸魚川(市)県犬養貞守追っ掛ける春日宅成惟良春道山東半島右方の楽廟島群島呂氏春秋遼東半島高麗殿嗣諸子百家山案内都良香金石魚山海関大祚栄高斉徳蓬莱山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぼっかの関連情報