もて成し(読み)モテナシ

デジタル大辞泉「もて成し」の解説

もて‐なし【もて成し】

客への対応のしかた。待遇。「手厚いもて成しを受ける」
食事や茶菓のごちそう。饗応。「茶菓のもて成しを受ける」
身に備わったものごし。身のこなし。
「いとわろかりしかたちざまなれど、―に隠されて口惜しうはあらざりきかし」〈・末摘花〉
とりはからい。処置。取り扱い。
「自らの上の―は、又誰かは見扱はむ」〈・総角〉
[類語]もてなす供応馳走ふるまう饗する相伴遇する接待歓待構いお構い愛想接客椀飯おうばん振る舞い造作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android