コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もて成す モテナス

1件 の用語解説(もて成すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もて‐な・す【もて成す】

[動サ五(四)]
人を取り扱う。待遇する。あしらう。「国賓として―・す」「よそよそしく―・される」
心をこめて客の世話をする。饗応する。馳走(ちそう)する。「山海の珍味で―・す」「客を酒で―・す」
そうであるかのようにとりなす。みせかける。
「無理に納得した体(てい)に―・す」〈漱石吾輩は猫である
とりはからう。処置する。
「あるに従ひ、定めず、何事も―・したるをこそよきにすめれ」〈・四九〉
特に取り上げて問題にする。もてはやす。
「今様の事どもの珍しきを言ひ広め―・すこそ」〈徒然・七八〉
[可能]もてなせる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もて成すの関連キーワード貨物駅貶す獄吏処遇取り熟す言消す漉す持扱うもて扱うもて成し

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone