コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やすり(鑢) やすり

2件 の用語解説(やすり(鑢)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

やすり(鑢)【やすり】

棒状の工具鋼または硬鋼の表面に直線状,円弧状,点状などの目すなわち切刃を刻み,焼入れした仕上げ用手工具。工作物の表面を平滑に仕上げるのに使われる。目の切り方によって単目・複目・鬼目(石目),波目,目のあらさによって荒目・中目・細目・油目など,断面の形により平,角,丸,半丸,三角などの種類がある。
→関連項目引っかき硬さ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やすり【やすり(鑢) file】

鋼の面に,たがね,ポンチまたはフライス削りによって作った多数の突起を切れ刃としてもつ切削工具。工作物を手仕上げするのに用いられる。JISでは,鉄工やすり,小さい部分の加工用の断面形状の異なるものを5本,8本,10本,12本と組み合わせて一組とした組やすり手引きのこぎり目立用刃やすり,製材のこやすりを規定している。特殊なものとして回転手持ち工具につけて用いる回転やすりがある。やすりの大きさは呼び寸法(mm)で表し,鉄工やすりは100から50とびに400まである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

やすり(鑢)の関連キーワードフライスいかれぽんちアロハフライデー生産フライス盤立フライス盤フライトクーポンフライングダッチマン級鋼の虎タガネ (hardy )タガネ孔 (hardy hole)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone