やな(読み)ヤナ

デジタル大辞泉の解説

やな[終助]

[終助]《間投助詞「や」+終助詞「な」から》名詞、形容動詞の語幹、動詞・形容詞の終止形に付く。感動・詠嘆の意を表す。…だなあ。…であるよ。…ことよ。
「幼(をさな)の御物言ひ―」〈・宿木〉
「むざん―かぶとの下のきりぎりす/芭蕉」〈奥の細道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やな

( 連語 )
〔間投助詞「や」に間投助詞「な」の付いたもの〕
体言および活用語の終止形に付いて、詠嘆の意を表す。 「よからずの右近がさま-/源氏 浮舟」 「よよと泣きければ、うたてし-/宇治拾遺 1」 〔現代語でも、時に文語的表現として、「悲し-」などと用いることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やなの関連情報