コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイマク

百科事典マイペディアの解説

アイマク

モンゴル語で一定の遊牧地を共有する社会集団が原義。転じてアイマクは行政区画の名称となる。チンギス・ハーンの時代には千戸・万戸の単位,元末には諸王・功臣の集落,明代にはオドクとともにウルス(部,国)を構成する重要な単位となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイマク【Aimakh】

遊牧地を共有する遊牧集団が原義のモンゴル語。漢字では愛馬と転写。13世紀の《元朝秘史》に初出する。モンゴル,元朝では諸王や勲臣が保有する遊牧集団を指すほか,中国などの征服地に設定した彼らの所領も意味し,その場合,投下の文字があてられる場合が多かった。清朝がモンゴル族を12旗に分割統治すると,数旗をあわせた呼称(部)として使用されるように変わり,現在もモンゴル国の行政単位となっている。【杉山 正明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイマク
あいまく
ayimag

モンゴル語で部分、部族の意。また行政区画の名称。元朝時代には、部族と、その生活する牧地をも含めた所領を意味し、漢字で愛馬とも記された。17世紀、内、外モンゴルが清(しん)朝に帰属してのち、アイマクは行政区画の意味にも用いられ、外モンゴル、四ハン部は四アイマクともよばれた。現在アイマクは、モンゴル国では「県」の意味で、また中国の内モンゴル自治区では「盟」の意味で用いられている。[森川哲雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイマクの関連キーワードチョイバルサン(Khorlogiin Choibalsan)アラシャン・オーロット(阿拉善額爾特)ドジョーギーン ツェデブK. チョイバルサンY. ツェデンバルアイマク(愛馬克)J. バトムンフアルタン・ブラクチョイバルサンナツァグドルジツェツェルリクエルデニ・ズーツェデンバルウリヤスタイカラコルムナーダムホブド慶寧寺

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android