アウトレット(読み)あうとれっと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アウトレット

工場直売、工場から直接搬出するという意味で使われる。本来は「出口」「はけ口」という意味。流通コストをカットし、製造元が倉庫などを利用して直接販売することで価格ダウンを図ったり、メーカーや専門販売店が自社の売れ残り品や規格外品を定価から相当割り引いた額で販売する。米国では1980年代後半の不況で、日本では1990年代以降、消費者の価格志向が高まり、急速に普及した。日本では地方など各地で安売りする店舗が集まった大規模な「アウトレットモール」の開設が相次ぎ、外資系企業も参入している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

リフォーム用語集の解説

アウトレット

もともとアメリカの流通業界において、ブランド・メーカーの衣料品アクセサリーなどの、流行遅れ商品や通販のクーリングオフ品、実用上は問題のない欠格品を格安で購入出来るシステム。高級メーカーやブランドのものが、多数あり、日用品以外にも家具などが多数存在するため、業者購入するよりも、格安で手に入れる事ができる。そのため、建築費のコスト削減にも繋がる。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウトレット
outlet

多少傷のついた商品,季節外や旧型の商品,売れ残り品,またはその販路。本来は出口,はけ口の意味。通常の使用に耐えうるこうした商品を値引き価格で販売する小売店をアウトレットショップ(ストア),ショップが大規模な敷地に集積したものをアウトレットモール(パーク)といい,1980年代のアメリカ合衆国で発展し,1990年代に日本に進出した。製造業者が工場や倉庫の近くで流通コストをかけずに販売するファクトリーアウトレット(工場直販)と,百貨店などの小売業者が運営するリテールアウトレットがある。在庫管理の点で製造業者,小売業者ともに不良在庫を抱えずにすみ,消費者も商品が格安で手に入るという利点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アウトレット

〘名〙 (outlet)
① 出口。
② 電話などの差し込み口、また、電気のコンセント。
③ 型落ち品や新古品などを、新品より安い価格で売る品。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報