コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウンサン アウンサン Aung San

6件 の用語解説(アウンサンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アウン‐サン(Aung San)

[1915~1947]ビルマミャンマー)の独立運動指導者。第二次大戦中、独立のため日本軍に協力、のち抗日運動を指導。戦後は英国からの独立達成に尽力したが、暗殺された。オン=サン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アウンサン

ミャンマーの政治家。独立運動の指導者にして,建国の父とあおがれる。オン・サンと誤記されることもある。学生時代から独立運動に参加,タキン党を指導。第2次大戦中対日協力政権の国軍司令官,国防相。
→関連項目ウー・ヌ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

アウンサン Aung San

1915-1947 ビルマ(現ミャンマー)の政治家。
1915年2月13日生まれ。アウンサンスーチーの父。ラングーン大在学中から反英独立運動を指導。昭和15年来日し,日本の援助でビルマ独立軍を結成。太平洋戦争中,日本の軍政下でビルマ防衛軍司令官,バモー内閣の国防相をつとめるが,1944年抗日戦線「反ファシスト人民自由連盟」を結成して蜂起(ほうき)。イギリスからの完全独立を目前にして,1947年7月19日保守派に暗殺された。32歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

アウンサン【Aung San】

1915‐47
ミャンマーの政治家。独立運動の指導者。オン・サンと誤って表記されることもある。マグエ県ナッマウ町の出身。1936年ラングーン大学在学中,学生連盟委員長のウー・ヌと共に学生のストライキを指導。卒業後〈われらビルマ人連盟〉に入党し,タキン・アウンサンと名乗って政治活動を開始した。40年バモーの率いる貧民党と連盟とが合併して自由ブロックを結成すると,事務局長に選ばれたが,同年逮捕状を逃れて潜行,アモイへ密出国し,11月参謀本部の鈴木敬司大佐の手引きで来日。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アウンサン【Aung San】

1915~1947) ビルマ(現ミャンマー)の政治家。独立運動を指導し反英闘争・抗日蜂起を指揮。独立準備協定調印後に暗殺された。オン=サン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウンサン
あうんさん
Aung San
(1915―1947)

ビルマ(現ミャンマー)独立運動の指導者。中部ビルマのマグエ地方で弁護士を父とし、6人兄弟の末子として生まれる。ラングーン大学(現ヤンゴン大学)在学中に反英独立運動に身を投じ、学生運動を指導するかたわら、1938年には独立を掲げる急進政党タキン党に入党し、その書記長になった。第二次世界大戦の前夜、日本のビルマ工作機関は、アウンサンの率いるタキン党の勢力に目をつけ、彼らに独立援助を約して海南島で軍事訓練を施した。アウンサンは日本軍の育成したビルマ軍の司令官、あるいは軍政下の国防大臣として一定の対日協力を余儀なくされるが、独立のかわりに軍政を与えた日本軍に対し、共産主義者たちとともに地下抵抗運動を組織した。1944年には反ファシスト人民自由連盟を結成、翌1945年3月にはビルマ国軍の反日決起を指導した。さらに日本軍の敗退後、復帰したイギリスに対しては全国ストを背景に交渉を続け、1947年1月アウンサン‐アトリー協定によって独立実現にこぎつけたが、同年7月19日、右翼政治家の凶弾に倒れた。彼はいまなおビルマ独立のシンボルとして国民の敬愛を集めている。なお、ミャンマーの反政府民主化運動の指導者アウンサンスーチーは、アウンサンの長女である。[齋藤照子]
『根本敬著『現代アジアの肖像 アウン・サン』(1996・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアウンサンの言及

【ミャンマー】より

…バモーを首班とする中央行政府が設けられ,43年には東条内閣によってビルマ独立が許容された。しかし日本によるビルマ独立は見せかけにすぎず,対日不信を募らせたアウンサンらは,45年3月ビルマ軍を率いて蜂起,全土で抗日運動を展開した。
[独立]
 終戦とともにビルマにはイギリスの民政が復活した。…

※「アウンサン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アウンサンの関連キーワード緬甸ネーウィンミャンマーとビルマミャンマーのサイクロン被害ミャンマーの少数民族と武装勢力ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウンサンの関連情報