コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アエロフロート Aeroflot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アエロフロート
Aeroflot

ロシアの国営航空会社。1932年ソビエト連邦の国営航空会社として設立された。国内線および国際線の定期航空をはじめ,農薬散布や播種などの農林航空,救急医療,操縦士養成といった航空事業のほか,空港管理,航法援助施設の整備・維持など運輸行政に属する業務も行ない,1930年代末には使用機 4000機,従業員 40万人以上を擁する世界最大の航空会社となった。1956年世界にさきがけてジェット旅客機ツポレフTu-104を導入,1957年には首都モスクワと国外 13都市に航空路を結び,1967年日本航空との共同運航便でシベリア経由モスクワ―東京間の運航を開始,1970年自主運航となった。1971年にはハバロフスク―東京(のち新潟)間にも路線を開設,1975年超音速ジェット輸送機ツポレフTu-144を導入して郵便および貨物便に使用したのち,1977年モスクワ―アルマアタ(アルマトイ)間の旅客便を開始した。この運航は 1978年事故によって中断,1979年から改良型のツポレフTu-144Dでハバロフスク便の運航を開始したものの,総計 102回の飛行で全面的にとりやめとなった。ソ連崩壊後の 1992年には 300社以上に細分されたが,2010年モスクワのシェレメチェボ空港に拠点を置くアエロフロートを中心にいくつかの会社を合併,今日のかたちとなる。現用機はロシア製の機材に加えてボーイング機やエアバス機を含み,2011年初の時点で総数 80機以上。ほかにボーイング787ドリームライナーを含む 100機以上の航空機を発注している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アエロフロート【Aeroflot】

旧ソ連,そして現在のロシアの民間航空組織。正称はアエロフロート・ソ連航空Aeroflot Soviet Airlines。航空会社コードはSU。本拠地はモスクワで,航空大臣の指揮下にある。ソ連邦における国際・国内民間航空輸送,農林・水産等の産業航空,医療関係航空輸送,空港管理等を担っており,世界最大の航空会社ともいわれている。ソ連における民間航空輸送は,1923年7月モスクワ~ゴーリキー(現,ニジニ・ノブゴロド)間に航空路が開設されたことに始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アエロフロートの関連キーワードアエロフロート・ロシア航空ニジニ・ノブゴロドベレゾフスキー日ソ航空協定日ロ航空協定

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アエロフロートの関連情報