コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオサ(石蓴) アオサUlva; sea lettuce

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオサ(石蓴)
アオサ
Ulva; sea lettuce

緑藻類アオサ目アオサ科に属する海藻。藻体は葉状。2層の細胞層から成り,一端は仮根となって岩石,浮遊する木片などに着生する。日本では最も普通にアナアオサ U. pertusaと称する種が潮間帯の岩石などに生育する。その藻体は長さ 30cm,幅 20cmにもなりしばしば一部が決壊して孔となる。若いものは食用となる。またボタンアオサ U. conglobataと称する種も広く高潮線に近い岩石上に生育するが,藻体は小型で長さ2~4cmである。これらのほか,オオアオサ U. sublittoralisという漸深海の岩石に着生する種,リボンアオサ U. fasciataという長さ 1mに達する種,アミアオサ U. reticulataという破れ網のような形で,ホンダワラ類の海藻に着生するものなどがある。オオアオサは伊豆神津島で記録され,リボンアオサアミアオサ暖海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アオサ(石蓴)の関連キーワードボタンアオサ高潮線

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android