コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオハタ Epinephelus awoara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオハタ
Epinephelus awoara

スズキ目ハタ科の海水魚食用とされ,美味。全長約 60cm。体は黄色を帯びた褐色で,体全体に黄色の円点が散在する。腹面および背鰭と尻鰭の軟条部,尾鰭後縁は黄色。南日本南シナ海に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオハタ
あおはた / 青羽太
banded grouper
[学]Epinephelus awoara

硬骨魚綱スズキ目ハタ科に属する海水魚。南日本から台湾、朝鮮、中国などに分布する。全長50センチメートルに達し、体色は黄灰色で腹面は黄を帯び、全体に黄色点が散在する。体側に5個の褐色横帯がある。背びれ軟条部、尾びれ、臀(しり)びれの縁は黄色。沿岸性の魚で水深30~80メートルの砂泥底に生息する。冬季、日本海西部、済州島近海などで底引網でやや多量に漁獲され、刺身、煮つけなどにされ美味である。[片山正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アオハタの関連キーワード茂川みちる市場紗蓮片山正夫底引網