コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガエル アカガエルbrown frog

3件 の用語解説(アカガエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカガエル
アカガエル
brown frog

カエル目アカガエル科 Ranidaeのうちで,赤褐色の体に眼のうしろから鼓膜の後方までを広くおおう黒色斑をもち,背面に短い隆条群がなく,両側には眼の後端にはじまって後肢の基部まで続く完全な隆条をそなえた一群のカエル類をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アカガエル

アカガエル科に属するカエルの総称。一般にはこのうち赤みがかった体色をもつものを指すこと多い。アカガエル科は日本産のトノサマガエルニホンアカガエルヌマガエルなど典型的なカエルの形態をしたグループで,全世界に約30属300種が広く分布する。
→関連項目アベコベガエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカガエル
あかがえる / 赤蛙
brown frog

両生綱無尾目アカガエル科に属するカエルのうち、背面の地色が赤みがかった種の総称。ユーラシア北アメリカの北部を中心に分布し、世界でもっとも低温に適応したカエルである。北海道のエゾアカガエルRana chensinensis、本州、四国、九州のニホンアカガエルR. japonica、ヤマアカガエルR. ornativentris、タゴガエルR. tagoi、対馬(つしま)のツシマアカガエルR. tsushimensis、チョウセンヤマアカガエルR. dybowskii、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)のリュウキュウアカガエルR. okinavanaの7種が分布し、中国大陸にはアムールアカガエルR. amurensisその他が分布する。これらは互いに近縁で一群を形成し、人工的に雑種のできる組合せが多い。
 小形のツシマアカガエルで体長約3センチメートル、大形のニホンアカガエルで約6センチメートル、雌はこれよりやや大きい。背側部に2本の隆条があり、淡い背中線および両眼瞼(がんけん)を結ぶ逆三角形の黒斑(こくはん)をもつ種が多い。背面は黄褐色、赤褐色または暗褐色、腹面は白色か淡赤色。繁殖期の雄の前肢親指には顕著な婚姻瘤(こんいんりゅう)が発達する。吸盤はない。山沿いの地域に多くみられ、一般に冬から春にかけて溜池(ためいけ)、水田、溝などの止水に産卵する。多数の卵を含む大形卵塊を産む種が多いが、リュウキュウアカガエルは小形の卵塊をいくつも産む。タゴガエルは山地にある源流の伏流水に産卵し、卵は大きく数は少ない。産卵期以外は陸上で生活し、水辺からかなり離れた場所でみかけることが多い。鳴嚢(めいのう)は発達せず、鳴き声は弱い。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アカガエルの関連キーワードアカガエル(赤蛙)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカガエルの関連情報