コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガエル brown frog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカガエル
brown frog

カエル目アカガエル科 Ranidaeのうちで,赤褐色の体に眼のうしろから鼓膜の後方までを広くおおう黒色斑をもち,背面に短い隆条群がなく,両側には眼の後端にはじまって後肢の基部まで続く完全な隆条をそなえた一群のカエル類をいう。おもに北半球の温帯地方に分布するが,北極圏まで広がっているものもある。日本には6種ほどが知られているが,本土に広くみられるものは,体長 6cmぐらいで頭が細く,おもに平地にすむニホンアカガエル Rana japonica,頭が丸く,顎の下側に黒っぽい斑紋があり,山地にすむヤマアカガエル,体長 4cmぐらいの小型種で顎の下側が全体に黒っぽく,おもに山地にすむタゴガエル R. tagoiなどである。アカガエル類は日本にいるカエルのうちでは最も早く産卵し,場所によっては 12月頃から繁殖期に入る。池や沼などに大きい卵塊を産むものが多いが,タゴガエルは山地の伏流水などに大型の卵を比較的少数個産みつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アカガエル

アカガエル科に属するカエルの総称。一般にはこのうち赤みがかった体色をもつものを指すこと多い。アカガエル科は日本産のトノサマガエル,ニホンアカガエル,ヌマガエルなど典型的なカエルの形態をしたグループで,全世界に約30属300種が広く分布する。
→関連項目アベコベガエル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカガエル
あかがえる / 赤蛙
brown frog

両生綱無尾目アカガエル科に属するカエルのうち、背面の地色が赤みがかった種の総称。ユーラシアと北アメリカの北部を中心に分布し、世界でもっとも低温に適応したカエルである。北海道のエゾアカガエルRana chensinensis、本州、四国、九州のニホンアカガエルR. japonica、ヤマアカガエルR. ornativentris、タゴガエルR. tagoi、対馬(つしま)のツシマアカガエルR. tsushimensis、チョウセンヤマアカガエルR. dybowskii、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)のリュウキュウアカガエルR. okinavanaの7種が分布し、中国大陸にはアムールアカガエルR. amurensisその他が分布する。これらは互いに近縁で一群を形成し、人工的に雑種のできる組合せが多い。
 小形のツシマアカガエルで体長約3センチメートル、大形のニホンアカガエルで約6センチメートル、雌はこれよりやや大きい。背側部に2本の隆条があり、淡い背中線および両眼瞼(がんけん)を結ぶ逆三角形の黒斑(こくはん)をもつ種が多い。背面は黄褐色、赤褐色または暗褐色、腹面は白色か淡赤色。繁殖期の雄の前肢親指には顕著な婚姻瘤(こんいんりゅう)が発達する。吸盤はない。山沿いの地域に多くみられ、一般に冬から春にかけて溜池(ためいけ)、水田、溝などの止水に産卵する。多数の卵を含む大形卵塊を産む種が多いが、リュウキュウアカガエルは小形の卵塊をいくつも産む。タゴガエルは山地にある源流の伏流水に産卵し、卵は大きく数は少ない。産卵期以外は陸上で生活し、水辺からかなり離れた場所でみかけることが多い。鳴嚢(めいのう)は発達せず、鳴き声は弱い。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカガエルの関連キーワードヨーロッパトノサマガエルトウキョウダルマガエルアカガエル(赤蛙)アメリカアカガエルゴリアテガエルダルマガエルトラフガエルヒョウガエルホルスト蛙おっとん蛙ウシガエルツチガエル東京達磨蛙分類階級長肢赤蛙日本赤蛙波江蛙たご蛙山赤蛙達磨蛙

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android