コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカグツ Halieutaea stellata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカグツ
Halieutaea stellata

アンコウ目アカグツ科の海水魚全長 30cmに達する。頭部は大きくて著しく縦扁し,ほぼ円形であるが,尾部は短くて細い。体には微細な突起が密生し,背面にはさらに強いとげが散在する。体色は一様に赤い。岩手県以南の日本海域,インド洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカグツ
あかぐつ / 赤靴
red batfish
[学]Halieutaea stellata

硬骨魚綱アンコウ目アカグツ科に属する海水魚。東北地方~鹿児島湾の日本各地、東シナ海、南シナ海、インド洋に分布する。頭は大きく、円形で著しく平たい。尾部は短くて細い。両眼間隔の前方に突起があり、その腹方のくぼみに獲物を誘引する三つ葉状の擬餌状体があり、ルアーのような役割をする。鰓孔(さいこう)は胸びれの基部の前背方に開く。背面は微細な骨質の突起が密生し、腹面の皮膚はやや厚く、ビロード状。体色は一様に赤く、暗色の細い帯状斑(はん)がある。全長30センチメートル余り。50~500メートルの深海底に生息する。底引網で漁獲されるが、量的に少なくて利用価値はほとんどない。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカグツの関連キーワードアミメフウリュウウオワヌケフウリュウウオアカグツ(赤靴)フウリュウウオ輪抜風流魚ソコグツ底引網赤苦津風流魚赤靴

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アカグツの関連情報