コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカパンカビ

百科事典マイペディアの解説

アカパンカビ

子嚢菌類核菌類のカビ有性世代と無性世代があり,前者は黒色小粒状の被子器をつくり,後者は生育の盛んな菌糸上に芽胞子をつける。カロチンを含み紅色を帯び,熱に耐え,加熱食品,たとえばパン(生焼きのパンに生えて赤くするところからこの名がある),飯,みそなどにつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカパンカビ【red bread mold】

子囊菌類核菌類のカビ。生焼きのパンに生えて赤くするのでこの名が与えられたが,日本ではトウモロコシの芯,火災跡の木の表面に普通みられる。菌糸体は発育が早く,ゆるく盛り上がる菌糸からなり,赤橙色~赤黄色をした美しいカビである。ゆるく絡まった菌糸の先端に,数珠状につながった円筒形の分生子が形成され,分生子は赤色をおび,軽くて飛びちりやすい。菌糸体の基部付近に有性生殖器官の黒い子囊殻が形成される。子囊殻はフラスコ形,暗黒色で,内部に8個の子囊胞子をもった細長い子囊が縦にならぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカパンカビ
あかぱんかび
[学]Neurospora

子嚢(しのう)菌類、タマカビ目に属するカビ。red bread mouldの訳語で、焼け焦げたパンの上によくみられるのでこの名がある。また焼け跡の樹木の表面や、地上に捨てられたトウモロコシの食べかすなどの上にも日常的にみられる。当初は無性生殖だけが知られており、モニリア属Moniliaとして取り扱われた。その後、アメリカのシアーShearとダッジDodgeの研究によって、両性株があることが確認され、互いに異なる性が出会った際には、子嚢殻を形成することが実験的にも証明された。子嚢殻の大きさは木綿針の頭程度で、形は洋ナシ形、成熟すると黒色となる。子嚢殻中には子嚢が多数入っており、その中に、黒色でしわのある膜をかぶった子嚢胞子が8個ずつ入っている。成熟すると、子嚢胞子は子嚢殻の頂部のくぼみから放出される。アメリカの学者ビードルBeadleとターツムThatumは変異株を使って遺伝生化学的研究を行い、遺伝学に画期的な進展をもたらした。このため2人は1958年ノーベル医学生理学賞を授けられた。インドネシアではラッカセイにアカパンカビをつけオンチョンOntjonという食物をつくる。日本では飼料の製造や成分強化にこのカビが利用される。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカパンカビの言及

【タマカビ】より

…子囊果の内部は中空になっていて,細長い子囊という袋が縦に密にならび,子囊内には胞子が縦にならんでいる。代表的な種類には,古畳,わら,壁紙などに生えて繊維を侵すケタマカビ(ケートミウム)Chaetomium,焼跡の木やトウモロコシの芯に生え,遺伝学研究の材料ともされるアカパンカビ,動物の糞の上によく発生するソルダリアSordariaなどがある。病害菌としてクリの胴枯病をおこすクリノドウガレ病菌Endothia parasitica (Murrill) P.J.et H.W.Andersonが有名で,クリの枝や幹に寄生して枯らし,アメリカ全土に広がりクリに全滅に近い被害を与えたこともある。…

※「アカパンカビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカパンカビの関連キーワードテータム(Edward Lawrie Tatum)エドワード・ローリー テイタム子嚢菌類・子囊菌類一遺伝子一酵素説ヘテロタリズム微生物遺伝学栄養要求変異菌類ホルモン遺伝生化学メチオニン分子生物学染色体地図ソルダリア子嚢菌類ビードルテータム赤パン黴子囊菌類タマカビ遺伝子

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android