コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガマ

3件 の用語解説(アガマの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アガマ

キノボリトカゲ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アガマ【agama】

アガマ科Agamidaeに属するトカゲ類の総称で,エリマキトカゲなど約53属300種に及ぶ大きな一群。ヨーロッパ南西部から南アジアアフリカオセアニアに広く分布し,日本にはキノボリトカゲJapalura polygonata1種のみ南西諸島に分布する。アガマ類は原始的なイグアナ類から分化したものと考えられ,両者には形態,生態ともに類似点が多い。 大半が樹上性でがっちりした体形をしており,頭部はむしろ大きめで,発達した四肢と長い尾をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アガマ
あがま
agama

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目アガマ科に属するトカゲの総称。同科Agamidaeは、南西諸島産のキノボリトカゲJaparula polygonataやオセアニア産のエリマキトカゲChlamydosaurus kingiiなどを含む約30属300種に及ぶ大きなグループで、ヨーロッパ南西部から南アジア、アフリカ、オセアニアに広く分布する。原始的なイグアナ科のトカゲの祖先型から分化した一群で、旧大陸でイグアナ科にとってかわり繁栄したものと考えられている。しかし海を隔てたマダガスカル島、フィジー諸島、トンガ諸島には至らず、それらには現在なおイグアナ科が分布している。イグアナとのおもな相違は歯の形が異なる点で、角張った頭部に飾り鱗(うろこ)やのど飾りのあるものが多く、尾と四肢が発達している。大半が全長30センチメートル前後で、大はホカケトカゲHydrosaurus amboinensisの90センチメートル、小はスナジアガマPhrynocephalus helioscopusの12センチメートルぐらいの範囲である。ほとんどが樹上性で、地上性には砂漠の砂地に穴を掘ってすむものもある。主として肉食性で、一部が雑食性、少数が草食性。オマキアガマCophotis ceylanicaなど一部が卵胎生のほかは卵生である。本科の代表種といえるアフリカ産レインボーアガマAgama agamaにみられるように、雄は繁殖期には縄張りがあり、雌やライバルの雄に対してのどの飾り袋を広げ体色を変化させてディスプレーを行う。適応放散の結果、砂漠や荒れ地のような環境にも多くの種類がすみつき、特異な生態をみせている。たとえばアラビアの砂漠にすむスナジアガマは、四肢を突っ張り、口を開いて威嚇ポーズをとると、口の両側にある特殊なひだによって口が2倍にも大きくみえ、脅しの効果を高めている。アフリカ産のトゲオアガマUromastyx acanthinurusでは隠れ穴に逃げ込んだとき、とげだらけの尾が防衛用の強力な武器となる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アガマの関連キーワードバシリスク青蜥蜴足無蜥蜴襟巻蜥蜴大蜥蜴木登蜥蜴飛蜥蜴本窯ウオータードラゴンモロック蜥蜴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アガマの関連情報