アキレウス・タティオス(読み)あきれうすたてぃおす(英語表記)Achilleus Tatios

日本大百科全書(ニッポニカ)「アキレウス・タティオス」の解説

アキレウス・タティオス
あきれうすたてぃおす
Achilleus Tatios

生没年不詳。紀元後2世紀ごろのギリシア作家アレクサンドリアの出身で、多方面にわたる著述をしたというが、その生涯については正確な資料は何も残っていない。現存する唯一の作品『レウキッペーとクレイトフォン』だけで知られている。これは、恋する若い男女が運命のいたずらで離れ離れとなり、異国の地に放浪を重ねたのち最後に結ばれるまでの冒険を描いた小説で、死んだはずの主人公が生きていたりするスリルに満ちた筋立(すじだ)てや、古代世界の風物の記述が注目に価する。

[引地正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「アキレウス・タティオス」の解説

アキレウス・タティオス

2世紀ごろ活躍したアレクサンドリア出身のギリシアの作家。二人の恋人が数々の苦難と放浪のにめでたく結ばれる物語《レウキッペとクレイトフォン》のみが伝わる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android