アクセシビリティー(読み)あくせしびりてぃー(英語表記)accessibility

翻訳|accessibility

知恵蔵「アクセシビリティー」の解説

アクセシビリティー

ネットワークサービスやソフトウエアの機能などが、どのくらい使いやすいかの度合い。問題とされるのは有用性ではなく、サービスや機能に到達できるか、サービスや機能によって提示される情報を取得できるかである。特に、障害者や高齢者、子供といった身体的な制約がある人にも利用可能かどうかが重視される。例えば、視覚障害のある人が文字情報を拡大したり音声に変換して読み上げたりさせやすいか、画像に説明文があって音声化できるか、手の不自由な人が細かなマウス操作の代わりにキーで操作できたり、他の入力装置を利用したりできるか、などが評価の基準となる。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

IT用語がわかる辞典「アクセシビリティー」の解説

アクセシビリティー【accessibility】

障害者や高齢者を含む多くの人にとって、製品やサービス、システムが容易に利用可能であること。また、その利用しやすさの度合い。◇「近づきやすさ」のから。「アクセシビリティ」ともいう。インターネットウェブサイトにおいて、文字の大きさや配色により見やすくしたり音声などの代替情報を付与したりすることを、特に「ウェブアクセシビリティー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「アクセシビリティー」の解説

アクセシビリティー

〘名〙 (accessibility) アクセスのしやすさ。目的地や情報などに対する近づきやすさ、入手しやすさ、使いやすさなどをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android