コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセシビリティー あくせしびりてぃーaccessibility

翻訳|accessibility

知恵蔵の解説

アクセシビリティー

ネットワークサービスソフトウエア機能などが、どのくらい使いやすいかの度合い。問題とされるのは有用性ではなく、サービスや機能に到達できるか、サービスや機能によって提示される情報を取得できるかである。特に、障害者高齢者、子供といった身体的な制約がある人にも利用可能かどうかが重視される。例えば、視覚障害のある人が文字情報を拡大したり音声に変換して読み上げたりさせやすいか、画像に説明文があって音声化できるか、手の不自由な人が細かなマウス操作の代わりにキーで操作できたり、他の入力装置を利用したりできるか、などが評価の基準となる。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

アクセシビリティー(accessibility)

近づきやすいこと。物を得やすいこと。また、道具などの使いやすさ、情報やサービスに対する利用のしやすさ。→情報アクセシビリティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アクセシビリティー【accessibility】

障害者や高齢者を含む多くの人にとって、製品やサービス、システムが容易に利用可能であること。また、その利用しやすさの度合い。◇「近づきやすさ」の意から。「アクセシビリティ」ともいう。インターネットのウェブサイトにおいて、文字の大きさや配色により見やすくしたり音声などの代替情報を付与したりすることを、特に「ウェブアクセシビリティー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アクセシビリティー【accessibility】

利便性。交通手段への到達容易度。ある地点や施設への到達容易度。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アクセシビリティーの関連キーワードweb content accessibilitynomad workingwebアクセシビリティーネットワークサービスウェブ標準到達至難極マウスキー交通手段WCAG利便性JFCPOI

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクセシビリティーの関連情報