コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

障害者差別解消法 ショウガイシャサベツカイショウホウ

デジタル大辞泉の解説

しょうがいしゃさべつかいしょう‐ほう〔シヤウガイシヤサベツカイセウハフ〕【障害者差別解消法】

《「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」の通称》障害者基本法の基本理念に沿って、障害を理由とする差別を解消するための措置などについて定めた法律。障害のある人に対する不当な差別的取扱いを禁止し、行政機関事業者に対して合理的配慮の提供を求めている。平成28年(2016)4月施行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

障害者差別解消法

国や自治体と民間事業者に対して、障害を理由とする不当な差別を禁止し、障害者が壁を感じずに生活できるよう「合理的配慮」を提供することを国や自治体に義務付けた(民間事業者は努力義務)。 どんな施設であれ、補助犬の同伴を理由に拒否することは、車イスなどを理由に差別することと同様に不当な差別にあたる。ただし罰則はない。

(2017-06-01 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

障害者差別解消法の関連キーワード障害者差別解消法と大学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

障害者差別解消法の関連情報