コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジアンタム adiantum

デジタル大辞泉の解説

アジアンタム(adiantum)

イノモトソウ科アジアンタム属(クジャクシダ属)のシダの総称。熱帯から温帯にかけて分布。観葉植物とし、園芸品には南アメリカ原産のものが多い。葉柄は紫褐色または黒色で堅く、つやがあり、葉は薄く、縁が反り返る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アジアンタム

ホウライシダ科のシダの一属で,日本にもクジャクシダハコネシダ,ホウライシダなどがある。ホウライシダは南西日本に分布し,常緑性。アジアンタムと呼ばれ,観葉植物として栽培されるものでは本種が最も普通に見られる。
→関連項目シダ(羊歯)植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アジアンタム【maiden‐hair fern】

約200種からなるホウライシダ科クジャクシダ属の多年生シダ植物であり,これらを花卉(かき)園芸ではアジアンタムと呼んでいる。日本にはホウライシダA.capillusveneris L.やクジャクシダA.pedatum L.など7種を産する。根茎ははい,葉は通常,細かく切れ込み,葉片は膜質から硬紙質で,くさび形や平行四辺形,扇形のものが多く,まれに単葉となる(イラスト)。胞子囊群は通常,葉片の辺縁に単生し,偽包膜と呼ばれる折れ返った葉片の一部につつまれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アジアンタム【Adiantum】

ホウライシダ・ハコネシダ・クジャクシダなどを含む真生シダ目イノモトソウ科植物クジャクシダ属の総称。約200種が知られ、多く熱帯に分布。多年草で、横にはう根茎から、細い葉柄が出、多数の葉を羽状につける。葉の縁がそり返って包膜となり、胞子囊のうを包む。
のうちの温室観葉植物をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジアンタム

ホウライシダ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジアンタム
あじあんたむ
[学]Adiantum

イノモトソウ科のクジャクシダ属の総称。熱帯から温帯にかけて約200種が分布し、日本にも自生種がある。葉の縁が裏側に反り返って包膜状になり、内側に胞子嚢(のう)群をつけるのが特徴で、葉柄は黒ないし紫褐色で光沢がある。クジャクシダA. pedatum L.は日本各地に自生し、葉は鳥足状に8~13羽片があり、クジャクが羽を広げたようにみえる。庭に植えたり、鉢植えによい。ハコネシダは岩手県以南に自生し、小葉はイチョウ葉形で先端のくぼみに胞子嚢を1個つける。漢方では全草を石長生(せきちょうせい)と称し、利尿、通経、去痰(きょたん)剤とする。カラクサホウライシダA. raddianum K. Preslは熱帯アメリカ原産で、フリッツ・ルーシーcv. Fritz-Luethiiなど多くの園芸品種があり、強健で草姿がよく、観葉鉢物として栽培され、結婚式の花束にも使われる。冬は8℃以上に保ち、半日陰で空中湿度が高いほうがよい。アラゲクジャクA. hispidulum Sw.はアジア、アフリカ、オーストラリアの熱帯に分布し、全体に粗毛があり暗灰緑色で、新葉は淡紅色。強健で乾燥にも耐えるが、じみで栽培は少ない。ヒロハクジャクA. macrophyllum Sw.とヒシガタホウライシダA. trapeziforme L.は熱帯アメリカ原産の大形種で観賞温室などで栽培される。小羽片は5~6センチメートルになる。前種は1回羽状複葉、後種は2回羽状複葉となり区別される。繁殖は株分けにもよるが、胞子から育てるほうが有効である。水苔(みずごけ)植えまたは、腐葉土、ピートモスを混ぜた排水のよい軽い用土で育てる。[高林成年]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アジアンタムの関連キーワード蓬莱羊歯・蓬萊羊歯クジャクソウテラリウム常石梨乃箱根羊歯松下奈緒多年草羊歯

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android