コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア通貨危機 アジアつうかきき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア通貨危機
アジアつうかきき

1997年7月のタイ通貨バーツの暴落を皮切りに,フィリピン,インドネシア,大韓民国 (韓国) などアジア各国をまたたく間に襲った一連の通貨経済危機をいう。これらアジアのエマージング・マーケット (新興国市場) は 1980年代から急成長を遂げていたものの,先進国からの直接投資と輸出産業に過度に依存していたため,経済構造は脆弱だった。 1995年以降は円安の一方,これら新興国通貨への過大評価もあって,各国の輸出競争力は大幅に低下し,国外への資本逃避が急速に進んだ。これが通貨や株式市場の暴落につながり,景気は急激に落ち込んだ。アジア通貨危機は 1998年にはロシアや中南米諸国にも波及。同 1998年8月のロシア通貨ルーブルの切り下げにより,ロシアに多額を投資していたアメリカの大手ヘッジファンド「ロング・ターム・キャピタル・マネジメント LTCM」が破綻するなど,余波は先進国経済にも広がった。アジア各国は通貨危機の反省から,各国が協力して通貨・金融市場の安定を目指す「アジア通貨基金 AMF」の設立を構想。またアジアやヨーロッパでは,短期的な資本移動 (外為取引) に一律に小口課税するトービン税構想も注目を集めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

アジア通貨危機

1997年7月のタイ・バーツ変動相場制移行に端を発し、インドネシア、韓国など東アジア諸国に波及した通貨危機。80年代後半以降、東アジア諸国は高い経済成長率を実現し、これに伴い海外から短期資本が大量に流入した。タイ・バーツは、実質的な対米ドル固定相場制を採用していたため、数度にわたり通貨投機の標的となったが、変動相場制への移行による事実上の通貨切り下げを行った。この影響が周辺諸国に瞬く間に伝播し、多くの東アジア諸国の通貨が大幅に減価した。外資の大量かつ急激な流出や為替下落による自国通貨で見た対外債務の急激な増加、金融システムの混乱による急激な信用収縮と不良債権の増加などが発生し、深刻な景気後退をもたらした。危機対応を契機に、改めて、最適な通貨制度の採用、国内金融制度の整備・充実、それらと整合的なマクロ経済政策必要性が認識されることとなった。この点、IMFが当初、緊縮的な諸施策を導入したことで危機を深刻化させた面も指摘されている。短期間に危機がアジア各国に波及し深刻な影響を与えたことから、IMFを補完する地域金融協力体制の必要性も認識された。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アジア通貨危機

97年にタイ通貨バーツが急落して変動相場制移行に追い込まれたのを発端に、インドネシアや韓国なども通貨が大幅に下落した。アジア各国で銀行や民間企業の破綻が相次ぎ、深刻な景気後退に見舞われた。タイ、インドネシア、韓国は、国際通貨基金(IMF)の支援を受けた。バーツ急落は、海外から流入した短期ドル資金による過剰な国内投資でバブルが生まれた一方、経常赤字の拡大でドル資金が流出に転じたためとされる。

(2008-11-04 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

アジア通貨危機【アジアつうかきき】

1997年にタイから始まり,アジア各国に広がった急激な通貨下落とそれによって起こった金融危機・経済危機をさす。なかでもタイ,インドネシア,韓国はきわめて大きな打撃を受けた。
→関連項目通貨危機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

外国為替用語集の解説

アジア通貨危機

1997年7月2日、タイ中央銀行が管理フロート制(変動相場制)を導入しタイ・バーツが暴落。これに端を発し、「アジアの奇跡」と言われた東アジアの国々から一斉に国際資金が流出。時間差をもって香港、韓国、インドネシア、マレーシアにも通貨危機が波及、世界経済に深刻な影響を及ぼした。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ワイジェイFX用語集の解説

アジア通貨危機

1997年7月よりタイを中心に始まったアジア各国の急激な通貨下落現象を言います。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

アジア通貨危機の関連キーワードチェンマイ・イニシアティブアジア債券市場イニシアチブチェンマイ・イニシアチブワシントン・コンセンサス「東アジア共同体」構想チェンマイイニシアチブアジア太平洋自由貿易圏ASEAN経済共同体アンワル・イブラヒムリー・シェン・ロン東アジアの共通通貨クローニー資本主義「世界の工場」中国マレーシア・リンギスハルト元大統領短期資本移動規制ジョージ・ソロス変動為替相場制東アジア共同体ホット・マネー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジア通貨危機の関連情報