コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア・アフリカ会議 アジアアフリカかいぎAfro‐Asian Conference

世界大百科事典 第2版の解説

アジアアフリカかいぎ【アジア・アフリカ会議 Afro‐Asian Conference】

1955年4月18~24日にインドネシアバンドンで開催されたアジアアフリカ諸国の政府レベルの会議。バンドン会議あるいはAA会議ともいう。平和地域を拡大し東西間の緊張を積極的に緩和することを目指して,セイロン(現,スリランカ),インド,パキスタン,インドネシア,ビルマ(現,ミャンマー)の〈コロンボ・グループ〉が招請したこの会議は,日本,中国を含むアジア15ヵ国,中東8ヵ国,アフリカ6ヵ国,計29ヵ国の正式参加をえ,反帝国主義・反植民地主義を基調としてアジア・アフリカの連帯を強めるのに貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアジア・アフリカ会議の言及

【植民地】より

…この植民地解放を推し進めた要因は,資本主義圏と社会主義圏をそれぞれ代表するアメリカとソ連という指導的な超大国の出現による世界勢力の再編,旧植民地主義列強の能力の衰退,独立運動および抵抗運動の進展と強化などである。アジアにおけるインドの独立(1947),中華人民共和国の樹立(1949)は,1955年のバンドン会議(アジア・アフリカ会議)に象徴されるように,反植民地主義運動のためのアジア,アフリカの国際的連帯を強め,アフリカの植民地解放に大きく寄与した。その結果,ガーナ(1957)をはじめとする多数のアフリカ諸国があいついで独立し,とりわけ独立が集中した1960年は〈アフリカの年〉と呼ばれた。…

※「アジア・アフリカ会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アジア・アフリカ会議の関連キーワードアジア・アフリカ・グループ近・現代アフリカ史(年表)ネコリム(NECOLIM)東南アジア史(年表)アジア・アフリカ会議サストロアミジョヨワン・ワイタヤコン非同盟諸国首脳会議A. スカルノ松本 治一郎コロンボ会議非同盟主義高碕達之助平和十原則金 永南野間 宏スカルノ加瀬俊一谷 正之第三勢力

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジア・アフリカ会議の関連情報