コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジメール アジメール Ajmer

3件 の用語解説(アジメールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジメール
アジメール
Ajmer

別綴 Ajmere,Ajmir。インド北西部,ラージャスターン州中部の都市。デリーの南西約 350km,アラーバリ山脈末端のタラガル丘陵の斜面に位置。 11世紀末に建設され,北側の人造湖アナサーガルも当時造られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アジメール(Ajmer)

インド北西部、ラジャスタン州の都市。アラバリ山地の標高約500メートルに位置する。12世紀末よりイスラム王朝のゴール朝に支配され、16世紀半ばにムガル帝国領となり、ラージプート諸王朝の中心地の一となった。イスラム教スーフィーの聖者が眠るダルガー(聖廟)や、ムガル帝国のアクバルが建てた宮殿がある。アジュメール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジメール
あじめーる
Ajimer

インド北西部、ラージャスターン州のほぼ中央にある都市。人口48万5197(2001)。アラバリ山地の中ほどで、標高500メートル、年平均気温は25℃とやや涼しい。年降水量は520ミリメートルで、インド北西部には珍しく森林が広く、ヒョウも生息している。市街は、高さ850メートルの岩山を利用した城塞(じょうさい)の麓(ふもと)に広がる。交通要地、商業中心地で、絹織物や毛織物工業が盛んである。博物館になっているアクバル宮殿やサー・ジャハンガ湖のほとりに建つ大理石の宮殿は有名。[成瀬敏郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジメールの関連キーワードインド綿ウインドヒンドスタンマインドインド黄カインドハンドインハンド東インドリーボウ修道院レインボーズエンド