コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジュマーン アジュマーン`Ajmān

2件 の用語解説(アジュマーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジュマーン
アジュマーン
`Ajmān

アラブ首長国連邦を構成する最小の首長国。国の中心地域に首都アジュマーンが位置し,ペルシア湾にのぞむ。まわりをシャルジャ首長国に取巻かれているが,このほかオマーン半島部に飛び領土が2ヵ所ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アジュマーン【Ajmān】

アラブ首長国連邦のなかで最小の国。面積は250km2で東京都のほぼ8分の1,人口は約12万(1996)で,人口密度は連邦でもっとも高い。ハジャル山脈中に二つの飛地をもつ。伝統的には水産業が経済の中心であり,今日でもある程度は同じことがいえる。湾岸の伝統的な船であるダウ船は今でも建造されており,その一方で,日本との合併でつくられたアラブヘビー・インダストリーズが近代的な船舶の製造や修理を行っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone