コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アディーブ・サービル アディーブ・サービル Adīb Sābir

2件 の用語解説(アディーブ・サービルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アディーブ・サービル
アディーブ・サービル
Adīb Sābir

[生]? ティルミズ
[没]1147
ペルシアの詩人。セルジューク朝スルタン,サンジャルに仕えた宮廷詩人。スルタンの密命によりホラズム・シャー朝の内情を探りに行き,事が露見してオキサス川に投込まれ非業の最期をとげた。作品『アディーブ・サービル詩集』 Dīwān-e Adīb Sābirは頌詩と抒情詩から成り,主としてガズニー朝時代の一流詩人ウンスリーファッルヒースタイルを踏襲している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アディーブ・サービル
あでぃーぶさーびる
Adb bir
(?―1147ころ)

ペルシアの詩人。ホラサーン地方のティルミズ出身で、セルジューク朝のスルタン、サンジャルに仕えた宮廷詩人。スルタンの使者としてホラズムシャー朝アトスィズのもとに赴き、オクサス川に投げ込まれ、悲惨な最期を遂げた。ホラサーン・スタイルによる『アディーブ・サービル詩集』は頌詩(しょうし)が主体であるが、叙情詩にも優れる。また著名な書記としても活躍した。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アディーブ・サービルの関連キーワードスティルトンスティルライフウィルヘルミナ山シティ・フィルスティルインラブたるみずルミナティバスアルミ蒸着フィルムフィルミカス岩ティルミジー

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone