コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノシン5'三リン酸

1件 の用語解説(アデノシン5'三リン酸の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アデノシン5'三リン酸

 アデノシン三リン酸ATPともいう.エネルギーを必要とする多くの生体の反応で,エネルギーの供給体となる化合物.分子内に高エネルギー結合を二つもち,それが加水分解される場合のエネルギーが使われる.一つの高エネルギーリン酸結合が分解されるとアデノシン5-二リン酸ADP)となり,基質の酸化と共役したミトコンドリア酸化的リン酸化などにより再びATPに変換される.多くの酵素のアロステリックエフェクターとしても働く.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アデノシン5'三リン酸の関連キーワードアデニル酸アデノシン三リン酸ヌクレオチドアデノシンアデノシン三燐酸アデノシン二燐酸グアノシン三リン酸GTPGTPアーゼチアミン三リン酸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone