コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデノシン5'三リン酸

栄養・生化学辞典の解説

アデノシン5'三リン酸

 アデノシン三リン酸,ATPともいう.エネルギーを必要とする多くの生体の反応で,エネルギーの供給体となる化合物.分子内に高エネルギー結合を二つもち,それが加水分解される場合のエネルギーが使われる.一つの高エネルギーリン酸結合が分解されるとアデノシン5-二リン酸(ADP)となり,基質の酸化と共役したミトコンドリアの酸化的リン酸化などにより再びATPに変換される.多くの酵素のアロステリックエフェクターとしても働く.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

アデノシン5'三リン酸の関連キーワードATPアーゼエネルギー代謝アデノシン三リン酸イオン輸送代謝酸化的リン酸化TCA回路フォスファーゲンATPアーゼアルギニンリン酸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android