コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトス[山] アトス

百科事典マイペディアの解説

アトス[山]【アトス】

ギリシア北東部,カルキジキ半島南東端にある山(2033m)で,一帯は東方正教会の聖地。10世紀に修道院が建設され,修道院制度の最大の中心地として〈聖山〉と呼ばれてきた。現在は20の共住修道院があり,約1500人の修道士が住み,その代表により自治が行われる。1060年以来女人禁制。またビザンティン文化の古い資料,芸術品の宝庫。1988年,世界遺産(自然・文化複合)に登録。
→関連項目キエティスムグレゴリオス・パラマス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアトス[山]の言及

【アトス】より

…ギリシア北部,テッサロニキ市の南東に広がるハルキディキ地方から突き出た三つの半島のうち,最も北東寄りに位置するアクティAktí半島全体をさす名称。これは地形の変化に富む,全長約40kmの細長い半島で,先端に岩峰アトス山(標高2033m)がそびえる。アトスの名はすでに古代世界に広く知られており,ホメロスの《イーリアス》や,ヘロドトスの《歴史》にも記述がみえる。…

※「アトス[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android